ボトックス -01 眉間+エラ(失敗)

うなじ脱毛でT医院を知る前に、他院(S医院)でボトックスのお試しをやったことがある。
どこの医院でも「初回に限り格安」というのはよくある話だ。
S医院を選んだ理由はよく覚えていない。
名の知れた医院だし安いし電車一本で行けるし・・・くらいしか考えていなかったと思う。

S医院はすごく綺麗でお洒落な医院だった。
エレベーターを降りるとゴージャスなお花が飾られていて、いい場所に来たような気にさせられる。
さすが大手。
受付にいらっしゃるお姉様方もマネキンのように美しい。
うへぇ。

さっそくボトックスについてのカウンセリングを受ける。
希望したのはエラと眉間への注射。
カウンセラーは私に歯を食いしばらせてエラが浮き出る様を見て「結構すごいですね」と言い、エラには3倍量打つことを勧めてきた
1回分(初回限定料金)+ 2回分(通常料金)。
しかも、より高額なほうの2回分。
一般的にボトックスと呼ばれるものには実は種類があって、厚生労働省で承認されているもの(アラガン社)は高額なのだ。
何がどう違うのか大して説明もされないまま、当然のようにアラガン社のものを追加する計算をし始め、「追加しないと実感できない」と言ってくる。
果たしてそれは助言なのか営業なのか
私は「初めてだから最低量でいい」「ダメだったら追加するから」と主張して、なんとか初回限定分のみでやってもらえることになった。

いざ注射。
通された普通の部屋に医者が入ってきて、椅子に座ったまま処置が始まった。
ボトックスなんて嫌ってほど打ってきたんだろうなぁと思ってしまうほど手慣れた感じで、サクサクと眉に沿って注射針を刺す。
眉間のボトックスは眉に沿ってするのか~と思った。
そしてエラ。
「歯を食いしばってください」
ぎゅー。
くっきりと浮き上がる立派すぎる筋肉に注射が打たれる。
それで終わりかと思いきや、なんとその先生はその上の部位にも注射を打った。
・・・え??
何そこ? そこ何? 最低量なのになんで2回? しかもなんでそこ?
しかし医者は当然のように反対側にも同じ処置をした。
ええー・・・。
いや、これは私が素人だからわかっていないだけで、そこにエラの働きに関わる何かがあるのかもしれない。
眉間のしわ取りも眉間ではない部位に打ったではないか。

パウダールームなる鏡台に案内されて、帰り支度を整える。
眉間がボコボコしている・・・液体が吸収されるまでちょっと時間がかかりそうだ。
帽子を被ってきて正解だった。

注射の効果は、1週間もしないうちに表れた
続いていた鈍痛(とくに眉間)は、この頃にはもう落ち着いている。
眉間はほとんど動かない。
困った顔を作れない感じ。
ただし、びっくりした顔をするとやばい。
眉尻が上がりすぎて、漫画みたいな角度になった。
この動きはしばらく封じなければなるまい・・・。
そんなことより、問題はエラだった。

これは大失敗だったと私は今でも強く思っている。
思いも寄らない場所に針を打たれたときに嫌な予感はしていたが、それが的中してしまったのだ。
エラは減ったのだろう。
だが、そんなことどうでもいいしそんなところに目は行かない。
顔の輪郭が、例えるならヒョウタンのように中央がくぼんでしまっていたのだ。
あの上部に打った注射の効果に違いない。
どうしてそこに打った。
なぜそこに? 何の為に? 何がしたかった? どういうつもりだった?
何で説明してくれなかった?
打つ前に教えてくれたらこんなことにはならなかったのに。
疑問と怒りと後悔が頭から離れることはなく、鏡もなるべく見たくない、花粉症の時期でもコロナ禍でもないのに毎日マスクが手放せなかった当時のことは、思い出すのも辛い。
この凹んだところにヒアルロン酸を入れてもらうしかない、ものすごく高いがやむを得ない・・・。
注射から1週間後、私は再度S医院に予約を入れた。

前回と同じカウンセラーだった。
私に3倍量を勧めたこの人は、結局最低量しか打たなかったにもかかわらず効果が出過ぎて泣いている私に何を言うだろう。
「これ以上酷くなるのは耐えられない」と訴える私に、彼女はこう言った。

「もっと来ますよ」

S医院は、どうしてこの人にカウンセリングをやらせているのか。
この人言ってることおかしくない?
頭おかしくない?
今はまだ効果の出始めで、この先もっとえぐれてくるって言ったよ?
この3倍は打たないと実感できないって言ってたじゃない。
その通り打ってたら私はどうなってたの?
あのカウンセリングなんだったの?
訴えてもいい?

入れ替わりで入ってきた医者に、「耐えがたいからヒアルロン酸入れたい」と主張したら、「入れることはできるけど、ボトックスの効果がなくなったら出っ張っちゃうからやめたほうがいい」と言われた。
「必ず元に戻りますから」と。
打ち所マズって申し訳なかったね的なことは一切言わない。
カウンセラーも、最低量で十分でしたね的なことは口が裂けても言わないのだろう。
S医院はクソ。
それが結論だ。

ただ、ボトックスに関しては、怖いとは思ったが嫌だとは思わなかった。
眉尻は上がったけど眉間はやってよかったと思えたし。
無論、S医院では二度とやらないが。

さて、ヒョウタンのその後はどうなったかと言うと、およそ半年その形状であり続け、徐々に戻りはしたものの完全には戻らなかった
エラの筋肉はガムでも噛んでりゃ簡単に復活するが、余計に注射されたあの部位にあった筋肉の鍛え方などわからなかったし、たとえその筋肉が自然に復活できていたとしても、一旦落とされてしまったことによる脂肪や皮膚のたるみは残ってしまったからだ。
従って、注射前と注射の効果が切れた後とでは、顔の形が変わっている。
年齢にもよるだろうが、効果が切れれば元に戻るという言葉を過信してはいけない
悪い薬ではないのだから、リスクを知った上で慎重に検討すべき。

ちなみに、私は現在もボトックスを打っている。
とはいえ怖さは常にあるので、不安や不満をカウンセラーや医者にぶつけながら・・・ご迷惑おかけしておりますT医院。
トラウマになっていたエラボトックスも、2年通った信頼のもと再挑戦するに至った話などは、また今度。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。