ボトックス -03 眉間+額+目尻+目の下(失敗)

T医院でボトックスを打ってもらうことになった。
処置室に連れて行かれ、台に上がって医者を待つ。
これまで散々褒めてきたT医院だが、唯一勘弁して欲しいと思うのは、待ち時間だ。
契約して会計を済ますまでに書類やお金のやりとりをするわけだが、担当者が一旦退室するとそれはそれは長い間帰って来ない。
時には処置室に医者が来ねぇ。
色々あるんだとは思うけど、ホントに毎回すんごい時間がかかるので、脱毛オンリーでもない限り、T医院へは数時間余裕を持って行くことにしている。
場合によっては、相談だけのつもりだったけど契約まで話が進んで「今日やって行っちゃいます?」みたいなこともあるので、すごく大事。

さて、このときどれだけ待たされたかは忘れたが、いよいよ施術だ。
箇所が多いので別々に効果と感想などを書いていく。

眉間
S医院では眉に沿って打ったが、T医院では(というかこのときの先生は)ダイレクトに眉間に打った。
ボトックスは筋肉の働きを弱める薬だから、眉間を動かしている筋肉に打つのだろうが、その解釈は人によって違うということなのだろうか?
眉間のど真ん中あたりに3回くらいに分けて注入されたが、さあどうか。
結果。効き目ほぼなし
S医院での眉間ボトックスはびっくりするぐらい効果覿面だったので、正直拍子抜けした。
医院によってこんなにも違うのかと。
そうなのだ、方針が違ったのだ。
T医院は、弱めの効果から始める医院だったのだ。
ただ、今回はあまりにも効かなかったので、通常、同じ箇所への再注射は3ヶ月くらい空けないとできないのだが、早めに再注射をしてもらえることになり、その時には効き目を強くした薬を調合してくれて、ほどよく効いた。
当然料金が発生したが、ポイントが貯まっていたのでそれを充てたと記憶している。
なので損した感覚はない。


こんなところにボトックスを打つという発想は私にはなかったのだが、横に一本皺ができてしまっていることは気になっていたのでいい機会だった。
10年打ち続けてきたカウンセラーの陶器のような額には敵わないとしても、ボトックスよろしくねという気持ちで施術を受ける。
結果。がんばったなボトックス。
額が動かなくなった
打ち所を誤ると目を開けづらくなったりするらしいが、そんなこともない。
いいね、額ボトックス。
私はバカボンのパパを回避した。

目尻
他人に気にされるほどだということが発覚した目尻の皺を撃退する。
結果。あんまり効かなかった
全然効かなかったわけではないが、満足度は低い。
カウンセリングでも言われたが、私はどうも表情筋がすごいらしい。
たしかにめっちゃ笑うし、旦那や息子相手に変な顔をしたりもするので、テレビでよく見る「笑顔をつくる練習」とか「割り箸を横に噛んで30秒」とか、何でそんなことする必要があるのか、やっても痛くも辛くもないしなんなのこれ? と思ってはいた。
そのせいなのか、眉間も目尻もちょっとやそっとのボトックスでは歯が立たない、のかもしれなかった。
いや、でもS医院の眉間ボトックスは怖いくらい効いたよ?
そりゃ、T医院のは薄いから。
「眉間」でも書いたが、T医院はまずは弱めに打って様子をみる
基本的に、ボトックス注射は継続するものという考え方なので、その人に合った強さを探っていくということなのだろう。
なぜそうするのか。
ボトックスで一番怖いのは「効きすぎ」だからだ。
そうだよ、効きすぎは怖いんだよ!!
ということで、初回だしね、と思った。

目の下
これは、正直失敗だった。
私が確認しなかったのもいけなかったが、目の下というのは目尻の下部かと思っていたのだ。
ところが、まさに目の下、下まぶたに打たれてしまったのである。
ものすごい恐怖があった。
なんでそんなところに打つのだろうかと。
何の為にそこに打つのか。
そりゃ、私が目の下ボトックスをお願いしたから打つんだが、そうではなく、そこに打ちたいと思う人はいったい何の目的があってどんな効果を期待して打つのかと。
実際どうなったかと言うと・・・思い出すのもおぞましいが・・・。
結果。老けた
通常、効果が出るまでに1週間くらいはかかるのだが、この注射は直後に顔に異変を来した。
ふと覗いた鏡に映った私の目元には、何日も寝ていないかのようなクマとたるみが・・・。
叫ばなかったのが不思議なくらいだ。
それでも息を呑んだのは覚えている。
なんてことになっているんだと思った。
打った直後でこれだ、この先どうなってしまうのかと。
なんでこんなところに打つプランが用意されているのか、本当にわからなかった。
カウンセラーと目尻の皺の話をしていて「目の下もやっておきましょう」てなったから、こんなところに注射をするとは全く思っていなかった。
これは、私史上エラボトックスに次ぐ大失敗であるからして、二度としない。
幸い、初回で効果は弱めだ。
したがって、その後さらに酷い有様になるということは避けられた。
ありがたや・・・。

ちなみに、目の下に関しては、直後から筋トレを毎日欠かさず頑張った。
目だけでうんと上を見て下まぶたを引き上げる動作くらいしか思いつかなかったので効果があったかどうかはわからないが、何もせずにはいられなかったのだ。
その後、施術をした医者は異動になってしまったので、下まぶたに打った真相はもうわからない。
目元はちゃんと元に戻ったので、このことは早く忘れるに限る・・・。

以上が、T医院での初ボトックス体験だ。
その後、眉間、額、目尻においては、継続を目指して2回目(眉間においては3回目)も経験している。
効果はだいたい4ヶ月くらいだと聞いていたが、私の表情筋はたくましすぎるので、3ヶ月もしないうちに効き目が切れてしまう。
でも、今はコロナ禍ということもあってあまり人と会わないし、相談に行こうという気になれずにいる。
それでも、バカボンパパのままでいるのは嫌なので、近いうちに行きたいなぁ。
その際にはまたレポートする予定。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。