歯医者でバッカルファット溶解 -02

前回の注射からおよそ1ヶ月後、2回目の注射をした。
好きなところに打てるというので手前のほうにお願いしたのだが、どうも様子がおかしい。
キューーッてしない。
あれ・・・?効いてない?

不安は的中し、効果をほとんど実感できないまま1ヶ月が過ぎた。
失敗したのだと思う。
私が。
薬が優秀であることはわかっている。
それを打つ部位の選択を誤ったのだ。

もともとバッカルファットは頬の深い部分にある脂肪の塊なので、手前側にはない。
とはいえ、この注射(MLM)はバッファルカットを溶かす薬ではなく脂肪を溶かす薬なので、医者としては「手前を噛むからそこを減らしたい」という患者の主訴に従ったまでだ。
もう少し奥に打ってもらえばよかったなぁ。
とはいえ、全く効果がなかったわけでもないだろうと前向きに考える。
実感はできなかったが、いくらかマシになっているに違いない。

この段階で、マウスピース矯正が始まった。
思った通り、口内がより狭くなったように感じる。
頬に付く歯の跡が強くなったのを確認。
ついでに、マウスピースを装着するときにうっかり肉を挟んで血豆を作る。
ああダメだ、次こそ正しい位置に打ってもらおう。
かくして3度目の注射を計画するのだった。

つづく。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。