脱毛 -14 男子高校生編(4回目)

予約を入れなければならないことをすっかり忘れていた息子が、4回目の脱毛を済ませてきた。予定より1ヶ月近く遅い。
まったく・・・言わんこっちゃない。だからとっとと電話しておけと言ったのに、こうなっちゃうぞと脅した通りのことになっていて、馬鹿だなぁと思う。
けど、失敗から学ぼうとしないのが息子というものだ。実際、次の予約も、まだ希望日すら検討していない。
このまま忘れて、彼がまた同じ失敗を繰り返したとしても、本来なら私の知ったことではない。先延ばしにしたことをせいぜい悔いろ。
だが、金を払っているのは私だ
彼は、この機会を生かして、最大限の効果を得る努力をするべきはずである。
にもかかわらず、予約を取ることさえ面倒がるその姿勢はなんだ。非常に気に食わない。
そんな奴には、たとえ追加の処置が必要になったとしても、金は出さんからな。絶対に出さんからな!

それはさておき。
照射から2週間経った彼のを見た。
うーん・・・まだまだ全然って感じ・・・。
でもまあ、まだ4回だし?・・・けど、半分は終わったのか。
でもほら、脚は減毛だし?・・・てか、減毛ってどういう状態?
元気な毛がまばらでも、あんまり喜べないと思うんだよね。量は減ってもらいたいけど、毛にも細くなってもらわないとさ・・・。ちゃんとそうなるのかな・・・。
なお、4回目を終えた本人の感想は「痛ってぇ」。
まあそうだろうね。こんだけ立派に生えてりゃ。
あと4回でどうにかなるんかこれ・・・。

ところで、息子は最近、ヒゲもしっかり生えてくるようになってきた。
しかし、私はぶっちゃけヒゲが好きではない。
とりわけ、剃ったあとに散っている細かいヒゲ・・・あれが大嫌いだ。洗面台にこびりつくそれを掃除しようとしたとき、指に刺さってえらい目にあったことがあるので、怖いとも感じている。
なので、もし息子がヒゲ脱毛をして、その成果を見て旦那もやるって流れが見込めるなら、私は喜んで金を出す。私のために。
従って、これは追加の金を出してやるのとは違う。
断じて違うぞ。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -13 男子高校生編(3回目)

息子の脱毛(両脚・ワキ)3回目が終わった。
帰宅した息子に「どうだった?」と訊くと、「痛え」と即答された。
なので、「効いてそうじゃん」と適当なことを言ってみたら、「わかんね」と返された。
そりゃそうだろうなぁ。うん。正直でよろしい。
実際、3回目ではまだ効果を実感するには至っていないはずだ。
「やっている感」や、誘導に惑わされることなく冷静に現状を評価できるのはいいことだぞ。
単に返事をするのが面倒だっただけかもしれんが。

ところで、息子が脱毛を始めた影響は家事にも及んでいる
何かというと、掃除だ。
ワキと両脚ってのはさ、剛毛が生える箇所でしょ。
つまり、あの存在感のある毛を掃除中に見かけることが激減したわけだ。
気にしていたからだと思うが、彼にはそういう毛を引っ張る癖があって、抜けた毛はその場でポイッとしてくれちゃうもんだから、洗面所だとかトイレだとか寝室だとかに散っているそれらを見つけるたびに私は不快な思いをしていたのよ。
あの独特の毛を拾うのは、それが自分の息子のものであろうと、恋するお方のものであろうと、なんなら自分のでも、正直気持ち悪い。
それが、脱毛を始めてから一転したのだ。全然落ちてない! これは嬉しい!
その分、たまに見つけたときのショックも大きくなったわけだが・・・。いや、だってそれ、確実に下の毛だし・・・。それはそれで、ねえ?

下の毛といえば、最近は「介護脱毛」ってのが流行っているらしいな。
自分が介護される側になったとき、下の世話で迷惑をかけないように、嫌だと思われないように、ある程度脱毛しておきましょうってことらしい。
でもこれ、介護のプロに言わせると、あんまり意味ないらしいね。
そこはほら、プロだから、道具も技術もあるから毛なんて大した問題じゃないと。そんなことより、下痢しないように気をつけてもらうことのほうがずっとありがたいってさ。そりゃそうだろうなぁ。
でも、介護してくれる人は、プロではなく、身内かもしれないのだ。
道具が揃っているわけでも技術があるわけでもない。その上、お互いに精神的なダメージが凄まじいはずだ。そんな中で、せめてそこがすっきり綺麗であってくれたなら、それは心理的にいくらか救われるのではなかろうか。床に落ちている縮れ毛一本にさえ眉をひそめる家族が、少なくともここに一人はいるわけだし。
「介護脱毛ってどうなの?」って話題に対して「毛なんて大した問題じゃない」と言い切っちゃうのは、ちょっと無責任なんじゃないかという気がしてならないんだが、私の心が狭いだけなんですかね?

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -12 男子高校生編(2回目)

なんだかんだ2回目が終了。
脱毛前の自己処理に巻き込まれずに済んだのは実にありがたかった。
1回でも乗り越えてしまえばそれがパターンになるだろうから、今後も私が巻き込まれることはあるまい・・・本当によかった。

しかしながら、そのお膳立てをしたのは私だ。
というのも、この息子は脱毛を望んだわりにそういった方面のことに疎い。最初の剃毛のときでさえカミソリ一つ用意できていなかったし。
というわけで、私は自分のために、そう、自分のために! この不精な息子にボディ用シェーバーを用意してやったわけですよ。優しいじゃないか! 自分のためだけど。

メンズボディシェーバー Pruvansay

↑ Amazonで買った、メンズボディシェーバー| Pruvansay

結論としては、脱毛中の手入れ用としては十分
そんでも、男性用ボディシェーバーなんて探したことなかったんで、最初全然わかんなくてなぁ。
なので、買うにあたって譲れない点は何かを考えた。
ただし、使うのは息子だ。怠け者視点で考えねばならん。
で、何を重視したかというと、以下の4点だ。

シンプル(歯を付け替える必要がなくて楽)
水OK(風呂場で使えて後始末も手入れも楽)
充電式(途中で電池交換せずに済むので楽)
スタンド型(定位置を作れるので、すぐ使えてすぐ戻せて楽)

こんだけ楽にしてやりゃ、全部ひとりでやれるはず・・・。
なお、性能や音量や品質は、ほぼ無視した。
脱毛中の手入れができりゃいいんで高性能である必要はないし、2週に1回の風呂場での使用なんで音のデカさもどうでもいい。
契約した回数(ワキ12回(ツルツル)、脚8回(減毛))を通う間だけ動いてくれりゃいいから、どこ製とかも気にしなかった。
以下、息子の反応

使い勝手→「まあ、いいんじゃない」
剃れ具合→「問題ない」
水洗い→「楽」
フル充電で45分使用可→「楽勝」(両脇+両脚)

忖度するような子じゃないんで、その通りなんだと思う。
その証拠に、初回以降は自主的にジョリジョリやっている。ブラボー! それだよ、それ! その流れを期待していたんだよ! がんばった私! 偉かった私!
施術時にもダメ出しされなかったみたいだし、ほんとよかったわ・・・。

ちなみに、2回目の施術は初回よりも痛かったらしい。成長期の毛がたくさんあったんだそうだ。さすが医療機関。脱毛サイクルもばっちりっすね。

残すところあと10回。たった10回。それで終わるとかどんだけ楽・・・。
やっぱり、脱毛は医療脱毛に限るね・・・(遠い目)

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -11 背中40回目にして、まさかのプラン変更

散々毒づいてきたMサロンでの背中脱毛だが、とうとう40回目となってしまった。
契約時には「30数回で終わる」って言われたし、それが過ぎたあたりでは「40回なら終わる」って断言されたんだけど、今日私が聞かされたセリフを聞く?
「見させていただいた感じでは、まだしばらく必要
はい、実に正直なご意見ありがとうございます。
Mサロンの脱毛が焼け石に水程度の低効果だってことはもう十分わかっているから、その「まだしばらく必要」ってのは「半永久的に必要」ってのと同意なんだろう。てか、そうはっきり言ってくれないか。この際。

そもそも、毛を生やす組織を殺す永久脱毛と違って、毛を生やす力を弱めるだけの減毛に〝終わり〟なんてものは存在しないんじゃないのか。下手に〝終わり〟を意識させても、顧客満足度を下げる効果しかないと思うんだが・・・。ああ、「あとちょっとです」と励ましてチケットを買い足させるのが目的か。なるほど。いるよね~そういうのに乗せられちゃう客~。

とはいえ、私はもう背中の脱毛に関しては〝終わり〟を考えてはいなくて、ただ吹き出物ができなくなったり、アクセサリや服の形状なんかで不自由を感じずに済むようになってくれたらそれでいいやと割り切っているのよ。
なので、去年あたりからは「さすがに気になってきた」ってときに残りのチケットを消化しに行くって感じで通っていたんだけど・・・。
ぶっちゃけ、「さすがに気になってきた」という日が来なくなる未来が見えないわけで・・・今あるチケット使い切ったら、それ以降はどうしていくのかについてはノープランだったわけだ。
かといって、施術者によるアタリハズレが凄まじいと痛感している今となっては、「1回いくら」という形でチケットを買い足す気になどなれない。しかしここでやめてしまったら40回通ったことを虚しく思い出すことなってしまうような気がして、それも気に食わない。

などと考えているときに、本日の施術を担当したお姉さんが、目の前の背中を目にした素直な感想を口にしてくれたわけだよ。「まだしばらく必要」ってな。だよねえ。そうだと思うんだよ。終わるわけないんだよ。

で、タイトルの通りなんだが。
今さらプラン変更です。ビックリ! 血迷ったか!?
まあ、血迷っているのかもしれない。しかし、これ以上イライラするのも、これまでのことを無駄にするのも嫌だったんで、決断した。
というか、新システムだわ。これまでそういったプランはなかったんで。
すなわち、通い放題の無期限パスだ。
40回通った立場から言わせてもらうと、この方針転換は正解だと思う。
機械の出力が低いうえ、施術者による質の差が酷く、結果ちっとも終わらず客が不満を募らせていく形態はね、ほんとよろしくなかった。
だけど、通い放題ならその1回が空振りになったとしても、次があると思える。いや、空振っちゃいけないんだが、絶対空振るので「1回分お金が無駄になった!」と嘆かずに済むのはデカい。いや、何度も言うが本来そんなことはあってはならないんだからな!?

まあ、そういったわけでこのプランはいいと思ったが、それを私が今さら買うのはどうなのか。
ところが、提示されたのは、新春キャンペーンだか何だか知らないがこれまでチケットを買い足してきた客をバカにしてんのかってくらいの値段でな・・・。バカにしてんのかな?
さらに、未使用チケットの払い戻しやバースデー割引なども計算に入れたら、笑っちゃう額に・・・。ははっ。
てことで、そのプランに乗り換えた次第。
これまで支払ってきたの何だったんだろうって思いは当然あるけど、これまでは仕組みが違ったのだから仕方がない。それより、重視すべきはこの先だ。この先の生活と心の安静を第一に考えた結果、こうなった。おそらく間違っていない。
これにより、今後は「貴重な1回なんだと思ってんだ」的イライラや、メンテナンスの不安に悩まされることはないはずだ。たぶん。

そういうわけで、Mサロンおよび私のやる気が続く限り、私は今後も背中の脱毛に通い続けることになりました。わは~。「もういいや」と思うのと、背中の毛まで白髪になるのと、どっちが早いかしらね~。

ちなみに、私が乗り換えたプランは、お得な代わりに予約を取れる間隔に制限がある。具体的に書くと、初期は「28日以上空ける」なのが、最終的には「180日以上空ける」になる。その「最終的」ってのが25回目からだったりするので、最初からこのプランでやろうと思ったら逆にストレス感じると思う。サロンの25回目なんて、医療脱毛の5回目くらいの効果しか出てないからね。まだまだ全然だから。部位にもよるけど。
そういう意味では、脱毛が中程度済んでいる人向けのプランなのかもしれない。例えば、効果の高い医療脱毛で何回かやってから、こっちで無期限メンテしていくって使い方もありなんじゃないかな・・・。背中なんかとくに、医療でツルツルにしようと思ったらとんでもない額がかかってしまうし、そもそも常にツルツルである必要もないような気がするので。

さて。これでもう、少なくとも背中の脱毛のことでイライラはしまい。
年取ったら、それが一番大事なような気がするよ。
本当に。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -10 男子高校生編(初回)

前日の悪夢の剃毛大会を乗り切り、いよいよ初日を迎えた。
カウンセリングおよび契約には同席したが、この先は彼一人だ。
従って、私がその体験を綴ることはできない。
とはいえ、聞くことはできるので、少々ご報告。

脱毛箇所は、脚全体(太ももの付け根~足の指)とワキ。
用意されたものに着替え(下着も履き替え)、台に横になり、目元をガーゼのようなもので覆われ、ジェルを塗られて、いざ脱毛
ピピピピと音の鳴る機械が隙間なく施術箇所を行ったり来たりし、最後には温タオルで拭き上げられたという。
温タオル・・・あれか、蓄熱式脱毛ってやつだからか? それとも冬だから?
脱毛後の炎症に対しては冷やす処置を勧められていたはずだが、直後は温タオルってなんか謎だな?
しかしまあ、息子がそれを謎に思うわけもないので謎は謎のままだ・・・。
斯くして、施術は50分ほどで終わった。
ちなみに、剃毛には1時間20分くらいかかりましたわよ・・・。

以下、短い問答。
「痛かった?」
「まあ」
そりゃあねぇ、剛毛だったしねぇ・・・(遠い目)
「わめいた?」
「わめくかよ」
そうよねぇ、高校生だもんねぇ。まあ、昨日はギャアギャアうるさかったけど。
「続けられそう?」
「まあ」
そこは「うん」って言っておけ・・・。

念のため施術箇所も見せてもらったが、とくに腫れもなく、本人も痛みなどは感じていないようだった。
しばらくすれば、脱毛した毛が抜け落ちたりしていくはず。剛毛なだけに観察のし甲斐がありそうだ。

次の施術は、2ヶ月後(3月)の予定。
その前日の闘いに、私が巻き込まれないことを祈っている。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -09 男子高校生編(カウンセリング)

行って参りました。T医院。
ただし私がお世話になっているところとは別の支店。ぶっちゃけこっちの支店のほうが近い。私がT医院に通い始めたときにはなかったんだよ。新しくできたんだよ。よかったな息子。
ちなみに、息子は未成年(16才)なので、契約をするには親の同意書が必要だ。なので初回は私が同行したけど、以降は一人で通うことになる。当然だが。

さていよいよカウンセリングだ。
カウンセラーは、入ってくるなり「おかあさまは○○院のほうで・・・」と話し始める。いやいや、私はどうでもいいんだ。私の紹介としてこの子を連れてきたわけでも、○○院から紹介されてここへ来たわけでもない。それに、それは個人情報なんじゃないのか。いくら親子だからといってあっさりと通院記録を暴露するもんじゃないよ。しかも、なんでか顔脱毛をしたと勘違いされている。
「やってません。え? 脱毛ですよね? 顔はやってません」
ややこしいんじゃ! 脱毛はやったが顔じゃないし、顔脱毛はしていないがボトックスはやってるんだから・・・。てか、そもそも私の脱毛の話はどうでもいいんだよ! 横で息子がビックリしてるだろ! 「おかん何かやってたんか」って顔してるじゃんか、勘弁して!
しかしお姉さんはニコニコしている。悪気がないのはわかっている。ただ、世話になっているのは別支店だし、私のことは私が口に出さない限りスルーしておいてほしかったな・・・。

さて今度こそカウンセリングだ。
脱毛をしようと思ったきっかけを問われた息子がこう言った。
「お父さんが、濃いって言うんで」
おとーーーん!! 心の傷になりかかっとるやんけー!! 何言ってくれんじゃあ!!
カウンセラーの話では、来院のきっかけで一番多いのは、父親の毛が濃いため息子を憂えた母親が連れてくる、というものだった。
うちは違うな・・・。どっちかっつーと毛深い体質は私の家系だ。旦那は体毛の薄い方だと思う。しかしだからといって息子を毛深いと揶揄するとは何事か。けしからん。帰ったらデブデブ言ってやる。

脱毛希望箇所は、ワキと両足。
ここで、どこまで脱毛したいのかという話になる。ようは、ツルツルか減毛かということ。息子は、ワキはツルツル、足は減毛、と返事をした。私もそれがいいと思う。ワキは、男女にかかわらずツルツルなほうがいいと思うんだ。とりわけ衛生面で。
けど足は、全身脱毛するんでないなら、足だけツルツルにしてもバランスが悪いしね。気にならない程度に減らせれば十分だ。ストッキング履くわけでもないし。いや、履いたっていいけどね?

そして、脱毛の仕組みの説明がなされた。
「おかあさまはとっくにご存じでしょうから退屈かもしれませんが」
だからいいんだよ私のことは。放っておいてくれ。
カウンセラーは、デカい毛穴の断面図みたいのを3つ並べて描いて、ここに毛根があって、こう毛が生えてるのが成長期、そして退行期、そんで休止期、で、また成長期、とぐるりと矢印を描き足して、この一周に2~3ヶ月かかります、と発毛のサイクルを解説していく。なかなかわかりやすい。
光やレーザーを当てて効果があるのは、成長期の毛だけです。退行期や休止期の毛根には効果がありません。したがって、発毛サイクルに合わせて何度も通ってもらう必要があります。その通りだ。久々に聞いたぞこの話。Mサロンでは毛周期の話なんてミリほども出てこない。やはり脱毛は医療機関に限る
さて、これまでの医療脱毛はこの成長期の毛根をターゲットにレーザーを当ててきたわけですが、毛根は皮膚の深い部分にあるので、かなりの痛みを伴いました。うんうん。
しかし、今は新しい技術で脱毛することができるのです!! なんですってえ!?
毛穴の浅い部分に、バルジ領域というものがあります。これは、毛根に「毛を生やせ」と指示を出す司令塔のようなもので、これを破壊するのです。おおー。
位置が浅いので痛みも大幅に軽減。おおー。
ちなみに、この機械の名前は『ラシャ』というのだそうだ。毛根への攻撃との切り替え式のようだ。なるほどねぇ。科学技術の進歩はめざましいな。

というわけで、プランの話へ。
ワキをツルツルにするには12回、足を減毛するには8回が妥当だろうという話になった。2~3ヶ月おきに通うことになるので、まあ2年はかかるっちゅうことだな。
いやあよかったっすね。どうやら高校生のうちに終えられそうじゃないですか。ワキと足のコンプレックスが無い状態で新生活に臨めるなんて最高じゃないか。頑張れよ受験。

そんじゃ契約、の前にこれを言っておかねば。
「あの、学割はどうなりますか」
電話で予約を取る際にも訊いたのだが、「契約内容によりますので詳細はカウンセリングで」とはぐらかされてしまったのだ。そんなだったから期待はしていなかったけどさ。
「あー、あれは全身脱毛だけになっちゃうんですよ~」
やっぱりそんな感じー。3万円引くとか思わせぶりなことを書いておいて、割引対象が限定的という情報は行ってからじゃないと教えないってやり方、好かんな。導入している機械や技術、サービスに自信があるなら、もっと堂々とすべてを開示せんかい。逆に信用できなくなるんじゃ。
そんでも、会員登録という別手段で2万円の割引に成功。ふぅやれやれ。
でもまあ、ぶっちゃけ、価格より効果ですよ。「安かろう悪かろう」が後々どれだけ尾を引くかということを私は知っている。いいものをケチらず怠けず確実に続けること。それが結局は一番安上がりで最速なのだ。

契約も済ませ、パッチテストもやり、最終確認的な動画の視聴もし、なんだかんだ1時間40分くらいかかってしまった。他院のことはわからんけど、ほんとここはさ・・・書類が多いし会計だのドクターの診察だのパッチテストだのの待ち時間が長い長い・・・。別支店でもそうなんだから、この会社の悪しき体質ってやつで確定だ。改善してくれ。

記念すべき初回は、年内。
その前日もしくは前々日に、大がかりな剃毛処理が待っている。当然ながら息子は剃ったことなどないからな、毛量も長さも半端じゃねえ。仕方がないから今回ばかりは手伝ってやる予定。頼むから次回以降は自分でやってくれな。道具がないと無理ってんなら買うからさ・・・私のために。旦那が。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -08 息子が脱毛するかも

これまで散々「脱毛するなら医療脱毛」と言い続けてきた私ですが・・・。
なんと、息子が脱毛をしたいと言い出しました!!
今時の子って、今時の男の子ってこんななんだね!? おかーさんびっくりしちゃったよ!?

てことで、これまで吠えてきた通り、やるなら医療脱毛一択
どこがいいかなぁと調べていたところ、どういうわけかT医院に行き着いてしまいました。ホント偶然に・・・これも縁か。
真面目な話、あちこち調べて、T医院の説明が一番納得できるなぁと思った次第。
その説明によれば、医療脱毛も一言では括れないっぽい。それは知らんかったなぁ。
エステの脱毛は「減毛」なんだけど、医療脱毛でもそのレベルのものがあるようだ。
しかし、T医院では「永久脱毛」が可能らしい。へーそうなんだー。へーじゃねえわ。何回通ってんだ。
思い返せば数年前、「うなじの毛というより髪だろそれは」ってのをあっさり請け負ってくれたT医院は他院とは一線を画していたし、実際に契約したときも、カウンセラーのお姉さんが「よくうちを選んでくれました。大正解です」って言ってたのも、たぶん本音だったんだろう。たまたまだったんだけど、大当たりだったんだなぁ。
将来脇の毛が恋しくなるなんてことはないんだし、どうせやるならやっぱり永久脱毛がいいよね。エステに毛が生えたような施術じゃ・・・って、毛が生えるとか表現が不適切すぎてあれだけれども。

まあ、そういうわけで、改めてT医院のHPにじっくり目を通しまして。
その中で、エステとの違いや、脱毛の基礎知識的なものを書いたコラムがなかなかいい情報だと思えたんで、リンク張っときます。

これを知らずに脱毛はするな!!脱毛の本当と嘘【TCB脱毛公式】 (aoki-tsuyoshi.com)

脱毛の基礎知識【TCB脱毛公式】 (aoki-tsuyoshi.com)

ところで本日、背中の脱毛で通っているMサロンにも行ってきたのよ。
最近ちょっと良くなったと思ってたんだけど、今日はひどかったな。
光当ててもらえていないところだらけ。機械のヘッドが往復するときに隙間空いてたもん。わかるじゃんそういうの・・・。
やっぱダメだわ。やっぱサロンはダメだよ。時間勝負っていうか、一人頭の時間をどれだけ節約するか、どんだけ回転率上げるかってことに重きを置いているのが見え見え。出力もクソ弱いくせに1回しか当てないしな。T医院での脇脱毛の動画見てよ。医療脱毛だって何往復もするんだぜ。おかしいだろ。そりゃ脱毛できないはずだよ。

メディオスターNeXT 照射の様子 – YouTube(←これぞ医療脱毛。サロンは1回しか当ててくれない)

さて。
まずはカウンセリングだ。果たして息子の脱毛契約なるか。
なんだかんだ痛みを恐れているんだよね。今時の子ってその程度のことで脱毛諦めるんかな? 私は脱毛できるならどんだけ痛くても構わなかったけどなぁ・・・針とか。
彼の毛が濃いのは彼のせいではないので、本人が望むなら親としてはどうにかしてやりたい。つまらんコンプレックスなど無いに越したことはない。てのは私自身が強く思ってきたことだから、そこは迷わず助ける。金も払う。
あとは本人のやる気次第だぜ?

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -07 背中(38回目)

かれこれ38回目となりました。
もはや何をしに行っているのかもわからなくなってきましたよ。ははは。
でもね、ちょっと変わったと思うんだ。コロナで大変な思いしたんだろうな。営業姿勢というかね、中身が変わったかどうかまではわからんが、それなりに声を聴いたり見直したりしたのかね?
具体的に何が変わったのかというと、施術をする際に「宣言」するようになった
つまり、「ちゃんと(ライトを)あてます」とわざわざ言うようになった。
ここ数回、私の施術を担当したのは全部違う人だったので、個人的にそう言うようにしたということではないと思う。
少なくとも、この支店においては「そう伝えましょう」という方針を立てのだろう。
いいことだよね。
宣言すると、それを意識するようになるもんね。
それを、金払った客に対して言うんだから、適当に済ますわけにはいかなくなるもんな。
まあ、「今頃?」と思わなくはない。その姿勢をひとりひとりに意識させなければいけないと気づくの遅すぎ。
とはいえ、進歩ではある。
私はもはやこの支店にしか通う気がないが、これがこの支店だけではなく、Mサロン全体の改善として徹底されていれば、本当に進歩。
私が客だからそう思うってことじゃないよ?
私は合理主義者なんで、大事なのは正当な対価なの。
何に対して金を支払ったのかということですよ。
金を受け取った側がそれを満たすのは当然でしょ。

で、実際の施術はどうだったかというとね。まあ・・・丁寧ではあるかなと思う。
というか、そもそもこの支店にしか通わなくなったのは、他の支店と比べてその質が高いと思ったからなんで、より向上したとまでの実感はぶっちゃけない。
そんでも、やっぱり個人差ってのはあってな。それが、この「宣言」が始まった半年くらい前から気にならなくなったような気はする。
精神的にも、「肩周りは仰向けになっていただいてからきちんとあてますのでご安心ください」「ギリギリまであてたいので、少し位置をずらしますね」といったことを都度言ってもらえると、「手を抜かれないか」「忘れちゃいないか」といった不安が和らぐのでありがたい。
ようやくこちらの気持ちに寄り添ってきたかという感じ。
遅かったけど、いいことだ。

とはいえ、もう38回ですよ。
この質の低さは、会社の姿勢とかそういう問題だけじゃなくて、もっと根本的な、生体としての背中脱毛の難しさだとか、科学技術の限界だとか、機械の性能とそれを扱う施設の制限だとかが大きく関係していることだろうと思うのね。
つまり、結論としては、何度も何度も言っているが、脱毛は医療機関でやるべき
いかに会社側が努力をしようとも、サロンが医療機関を越えることはできないのよ。
今後脱毛を考えている人には声を大にして言いたい。何度でも。

さて、次の予約は2ヶ月後に入れました。
生え揃っていないと無駄になるし、チケットも残り少ないから、のんびり行こうかなと。
Mサロンの人にも「それでいいと思います」と言ってもらえたし。

そうそう、サロンが「2週間に1回の施術で、1年で終わる」なんて謳うのは信じちゃいけませんよ? 大嘘だから。
そう通えば毛のない状態をキープしていられるかもしれないけど、脱毛は1年じゃ終わりません
頻度上げても効率は上がらんのよ。毛周期までは変えられないから。
なので、予約が取りづらくても気にすることはない。
気長にいきましょう。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -06 背中(数ヶ月振り)【毒】

4ヶ月振りくらいにMサロンへ行った。
もう何度も書いているけど、ほんと、肩周りや背中の脱毛は効果が低いのよ。
頻繁に通っているときは、頻繁に通っているがゆえになんとなく効果が出ているような気になっていたけど、そんなもんはまやかしでな。
サロンに行く前に自宅でシェーバーを当てながら笑ってしまったわ。
これから脱毛始める人かよ??
35回通った? どこのサロンだよ、詐欺じゃねえの??
もしこれを客観的に見たなら、私はそう言うと思う。

Mサロン通いは、今となっては買ったチケットの消化でしかなく、つまり期待は全くしていないので、もはやMサロンの脱毛の質などどうでもいいんだが、ここまで進まないということに私が辟易としているということくらいはわかっていてほしい、というスタンスではある。
何が言いたいのかというと、この期に及んで、脱毛を効率よく進めるためのケアだとかアイテムだとかを勧めてくるのは、あまりに失礼だろ、てこと。
つまり勧められたんだよ。バカにしてんの?
来店時に書かされるアンケートで、不安な点として「いつ終わるのか」と書いたら「気になりますか?」などと言ってくるし・・・。
おまえさんが今見ている背中は35回も通った背中なんですよ、どこに気にならない要素がありますか? 当初「終わる」とされていた回数ももう超えてんですよ、いつ終わるんですか?
すると、施術の担当者からは、お決まりの言葉が返ってきた。
「個人差があるので~」
出たよ個人差。
まあ、ないとは言わんですよ。そりゃあるでしょう。
でも、これはそんなもんで済ませられるレベルじゃないと思うのね。
私の背中を見ているこの担当者だって、ちっとも進んでいないことをわかってはいるはずなのだ。
何を血迷ったのか、「背中下の脱毛はされてますか?」などと口走りおってな。
35回脱毛している箇所と、1回も脱毛していない部位との差がわかんないって、あんまりだろ・・・。

そんな中、脱毛効率を上げるための保湿アイテムだの、角質ケアだの、新サービスだのの宣伝が始まったんですわ。
さすがに閉口しましたね。
そして、そうじゃないだろう、と。
こっちでできることは可能な限りやっている。
改善すべきは、そっちの出力、技術、方針、そして意識のはずだ。
施術前に背中にジェル塗ったとき、この人こう言ったんですよ。
「冷たくて寒いですよね。なるべく早く終わらせますから」
違うんだよ!
冷たかろうが寒かろうが痛かろうが熱かろうが、そんなんどうだっていいんだ。何のために来てると思ってんだよ? それじゃ本末転倒だろうが。
この場においては、脱毛の効果以外のものに価値なんかないんだよ。
どんなにもてなされようと甘やかされようと、脱毛ができていなけりゃ零点なんだよ。わかんない?
接待されに来てるんじゃないの。脱毛しに来てるの。気を遣うところ間違えてるのよ。
従業員の認識がそんなだから、このサロンはダメなんだと私は思う。
色んな事業に手を出すのは勝手だけど、客の望んでいることまでごっちゃにされちゃたまらない。
ここは脱毛サロンだから、脱毛できてなんぼでしょ。
これ以上オバさんを幻滅させるのはやめてくれ。
ますます酷いこと書き殴っちゃうだろ。

というわけで、今回も熱っぽさも痛みもなーーんにも感じないまま「なるべく早く」の言葉通り、いつもより10分くらい早く終わりましたよ、はっはっは。
もうね、ほんと悪いこと言わないから、脱毛は医療脱毛にしなさい。
たとえ従業員の技術が達者で熱心に対応してくれるサロンであったとしても、機械の性能が低けりゃ結局脱毛は進まないし、たとえ従業員があれこれへっぽこだったとしても、機械の性能が高けりゃ脱毛は進むんですよ。
効果よりも癒やしが欲しいから延々終わらなくても構わない、という奇特な人は好きにしたらいいけど、私は合理主義者なので、この事態をよしとすることはできない。
だから、せめて、曝す。
私の経験が誰かの役に立つとしたら、この失敗にも意味があったと思うことができるので。

何のためにその行動を起こすのか、その行動で目的は果たせるのか。
脱毛に限ったことじゃないけど、そういう視点は常に持っておくべきだと思う。
金も時間も人生も、無駄にしたくはないもんね。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

脱毛 -05 サロンどうなの

緊急事態宣言が出てサロンが入っている商業施設が休業になったもんで、かれこれ2ヶ月以上サロンに通えていない。
サロンで背中と肘上をやってもらって早35回。いつになったら終わるんだよ? 全然終わりそうな気配ないな!? などと思っていたんだけどね。
この2ヶ月で痛感したことがあるよ。

サロンだめじゃん。

だって普通に生えてくるんだよ。
背中はよく見えないから表現しがたいけど、肩周りなんてもさもさだよ?
これ、35回やってるんだよ?おかしいでしょ。
契約当初言われていた完了までの回数をすでに超えているというのに、いまだにこんな状態ってどういうこと?
もはや詐欺の域かと。
そもそも、処理中(ライトを当ててもらっているとき)になんの実感もないんだわ。
熱を感じるとか、ちょっと痛いとか、そういうの全然ないの。
あまりにも出力が弱いだろ。
脱毛はそれなりに経験してきたので断言するけど、施術中に「効いてる感」がないものは、実際効いていない。
もちろん、何もしないよりはマシなんだろうけど、効果としてはあまりにも微弱だ。
けど、「何もしないよりはマシ」と言えるのも、35回通ったからだよ。
ごくごく僅かな効果を35回分積み重ねて、今やっと「何もしないよりはマシ」というレベルに到達しているということであってね・・・。
まあ、ひどいもんです。
もし、35回分の施術費を医療脱毛につぎ込んでいたら・・・と思わずにはいられない。
目先の安さと有名サロンへの興味に負けて安物買いの銭失いを実践してしまった私は愚かだったよ。
もうほんと、声を大にして何度でも言いたい。

脱毛するなら、医療脱毛。

買っちゃったチケット分はサロンに通うけどさ・・・。
正直期待はしていない。

またレポします。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ