脱毛 -01 脱毛歴

私に脱毛を語らせたら、三日三晩はかかると思う。
だからすべては語らない。
読むのも大変だろうから。

話は今から20数年前に遡る。
当時の脱毛は、ニードルと呼ばれる器具を毛穴に差し込んで行われていた。
一本一本脱毛するので時間がかかるし、痛みも強い、さらには高額とあって、さほど広まってはいなかったと記憶している。
そんな中、私は脱毛を始めた。
大学生だった。

ニードル脱毛のあれやこれやを話始めるとあまりに悲惨なのでサラリと流すが、つまりは多額の投資をしたにも関わらず、終わらなかったのだ。
いや、終わらなかったどころではない、ほとんど脱毛できなかったのである。
ニードルは今でも眉毛脱毛などで活躍していると聞くが、そういう用途向きだと断言しておきたい。

さて、ニードルでの脱毛に失望した私は、この頃になってようやく出てきた医療脱毛に手を出した。
とはいえ、今と比べると色々な面でまだまだダメダメの医療脱毛だ。
それでも、画期的な脱毛としてニードル組が飛びついたことは言うまでもない。
実際、質の悪い施術で荒稼ぎした医院はいっぱいあったと思う。
私が通った医院も、高い・不親切・いい加減、と3拍子揃っていて、やはりここでも脱毛を終わらせることができなかった。

次に選んだのは、脱毛専門のサロンだ。
この頃には、医療レーザーより安価な光脱毛と呼ばれる脱毛法が出回っていた。
レーザー脱毛には劣るが身近な場所で手軽に受けられるとあって、脱毛人口も爆発的に増えたらしい。
きちんとカウンセリングがあり、発毛の仕組みや周期、効率のよい進め方、注意点、終了までの見込みとその後のことなどが丁寧に説明される。
今に続く長い脱毛歴において、このサロンの対応が最も誠実だったと私は思う。
立ててもらったプランに忠実に通った結果、契約した5カ所のうち、2カ所はほぼ終了し、3カ所も大きな成果を出すことに成功した。
例えばここで延長プランなどをやっていたら、全部すっかり終えることは可能だったと思う。
やっておけばよかったかもしれない。
しかし、当時の私にはちょっと高かった。
そして残念なことに、このサロンは今はもうないのである。

子育てという長いブランク(?)を経て脱毛を再開させたのは、2年ほど前。
これまでずっとマイナーな機関で割高の料金を支払ってきたので、大多数の人がこぞって通っているイメージがあるメジャーな機関への憧れがあった。
そうして選んだのがMサロン
昔は期限付きで10万円くらいした脇脱毛が、無期限で0円だというのだから目眩がする。
ただ、2年通って言えることは、大衆サロンは「安かろう悪かろう」であるということだ。
施術する人によってとんでもなく質が違うし、光脱毛とはいえあまりにも出力が弱い。
通っても通っても通っても減らない、当然終わらない。
延々追加契約させようという腹なのだろうか。
最近では自宅用の脱毛器や通い放題プランなども出てきているので、時代はまた新たな段階に突入するのかもしれないが。

加えて、同じく2年ほど前から、医療脱毛でうなじの脱毛もスタートさせている。
もともとはMサロンでお願いするつもりだったのだが、「髪の毛はできません」と言われ、やってくれるところを探しまくった結果、そこ(T医院)に辿り着いた。
T医院での付き合いは、脱毛がほぼ終了した今でも別の契約で続いている。
それについても、今後体験記として書いていく予定だ。

脱毛歴を書いてきたが、現在進行形なのはMサロンでの脱毛と、家庭用脱毛器による脱毛だ。
そのサロンでも脱毛器を営業されたが、ジェルを塗らねばならず余計な手間と費用がかかるのでお断りし、手軽なものをネットで購入した。
いい時代になったなぁ・・・。
わざわざ通うまでもない量や範囲なら、自分でやるのが安いし早い。
なので今は、広範囲および自分ではできない部位だけ、2ヶ月に1回のペースで通っている。

近い将来、この長く続いた脱毛歴に終止符が打たれることを願ってやまないが、そんな日は来ないのかもしれない。
どうか杞憂でありますように。

以上、脱毛歴でした。
体験記へとつづく。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。