脱毛 -02 うなじ

うなじの脱毛は「脱毛歴」でもちょっと触れたが、医療機関であるT医院でお願いした。
T医院との出会いは、うなじ脱毛がきっかけだ。
もともとはサロンで契約をしていたのだが、いざ施術となったら「髪の毛はできません」と言われてしまい驚いた。
カウンセリングの段階でどんな風にしたいか相談していたにもかかわらず、どういうことなのか。
しかし、ここでゴリ押ししても仕方がない。
脱毛の部位ではなく回数で契約していたので、「じゃあいいです」とあっさり諦めた。
おそらくサロンでは無理なのだろう。
通える場所にあり、かつ脱毛してもらえる医療機関に電話をかけまくる。
そうして辿り着いたのが、今もお世話になっているT医院だった。

同じ医療脱毛でも、医院によってはやはり「髪の毛はできません」と言う。
ところがT医院は「できますよ~」とあっさり答えた。
契約時、「他の医院ではできないって断られたんですよ」と話すと、「えー、何でだろう。できますよ?」と驚かれた。
「髪はムダ毛と違って屈強だから、レーザーを当てることによる痛みや腫れなどのトラブルを警戒したのかもしれないですね」と推測しつつ「医療機関なのにね」と言い切る様子がまた良くて。
カウンセラーともすっかり打ち解けて、今では脱毛以外の施術も契約している沼っぷりだ。

うなじの脱毛は、T医院のプランのうち最長の9回で契約をした。
しかし、おそらくそれでは終わらないと言う。
そういうことを事前に言ってもらえるのは、変に期待させられるよりずっといい。
T医院のこの姿勢が私は好きだ。

実際、うなじの脱毛は、9回を終えてからさらに6回を購入し、そのあと単発で2回ほど施術を受けている。
ちなみに、施術はとんでもなく痛かった
というのも、ものすごーく丁寧にやってくれたからだ。
某サロンのように、脱毛器でぐるりと円を描いて「はいおしまい」なんてことは絶対にしない。
「も、もう、もうやめて、もういいですから!!」と懇願したくなるほど、執拗に執拗に同じ箇所にレーザーをあてつづけてくれた看護師さん・・・好きだ。

うなじの毛は今でもちょろりと生えてはくるが、もはや髪の毛ほど頑丈ではないので、家庭用脱毛器で処理している。
うなじは自分では見えづらく処理しづらい箇所なので、人前にうなじをさらさなければならない事態にでもなったらまたお願いするかもしれないが、基本的には今後は自己処理していくつもりだ。

なお、追加の6回を終えて、さらに追加で3回購入するかという段におけるT医院の反応は「ん~・・・いらない・・・」だった。
好きだ。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。