脱毛 -06 背中(数ヶ月振り)【毒】

4ヶ月振りくらいにMサロンへ行った。
もう何度も書いているけど、ほんと、肩周りや背中の脱毛は効果が低いのよ。
頻繁に通っているときは、頻繁に通っているがゆえになんとなく効果が出ているような気になっていたけど、そんなもんはまやかしでな。
サロンに行く前に自宅でシェーバーを当てながら笑ってしまったわ。
これから脱毛始める人かよ??
35回通った? どこのサロンだよ、詐欺じゃねえの??
もしこれを客観的に見たなら、私はそう言うと思う。

Mサロン通いは、今となっては買ったチケットの消化でしかなく、つまり期待は全くしていないので、もはやMサロンの脱毛の質などどうでもいいんだが、ここまで進まないということに私が辟易としているということくらいはわかっていてほしい、というスタンスではある。
何が言いたいのかというと、この期に及んで、脱毛を効率よく進めるためのケアだとかアイテムだとかを勧めてくるのは、あまりに失礼だろ、てこと。
つまり勧められたんだよ。バカにしてんの?
来店時に書かされるアンケートで、不安な点として「いつ終わるのか」と書いたら「気になりますか?」などと言ってくるし・・・。
おまえさんが今見ている背中は35回も通った背中なんですよ、どこに気にならない要素がありますか? 当初「終わる」とされていた回数ももう超えてんですよ、いつ終わるんですか?
すると、施術の担当者からは、お決まりの言葉が返ってきた。
「個人差があるので~」
出たよ個人差。
まあ、ないとは言わんですよ。そりゃあるでしょう。
でも、これはそんなもんで済ませられるレベルじゃないと思うのね。
私の背中を見ているこの担当者だって、ちっとも進んでいないことをわかってはいるはずなのだ。
何を血迷ったのか、「背中下の脱毛はされてますか?」などと口走りおってな。
35回脱毛している箇所と、1回も脱毛していない部位との差がわかんないって、あんまりだろ・・・。

そんな中、脱毛効率を上げるための保湿アイテムだの、角質ケアだの、新サービスだのの宣伝が始まったんですわ。
さすがに閉口しましたね。
そして、そうじゃないだろう、と。
こっちでできることは可能な限りやっている。
改善すべきは、そっちの出力、技術、方針、そして意識のはずだ。
施術前に背中にジェル塗ったとき、この人こう言ったんですよ。
「冷たくて寒いですよね。なるべく早く終わらせますから」
違うんだよ!
冷たかろうが寒かろうが痛かろうが熱かろうが、そんなんどうだっていいんだ。何のために来てると思ってんだよ? それじゃ本末転倒だろうが。
この場においては、脱毛の効果以外のものに価値なんかないんだよ。
どんなにもてなされようと甘やかされようと、脱毛ができていなけりゃ零点なんだよ。わかんない?
接待されに来てるんじゃないの。脱毛しに来てるの。気を遣うところ間違えてるのよ。
従業員の認識がそんなだから、このサロンはダメなんだと私は思う。
色んな事業に手を出すのは勝手だけど、客の望んでいることまでごっちゃにされちゃたまらない。
ここは脱毛サロンだから、脱毛できてなんぼでしょ。
これ以上オバさんを幻滅させるのはやめてくれ。
ますます酷いこと書き殴っちゃうだろ。

というわけで、今回も熱っぽさも痛みもなーーんにも感じないまま「なるべく早く」の言葉通り、いつもより10分くらい早く終わりましたよ、はっはっは。
もうね、ほんと悪いこと言わないから、脱毛は医療脱毛にしなさい。
たとえ従業員の技術が達者で熱心に対応してくれるサロンであったとしても、機械の性能が低けりゃ結局脱毛は進まないし、たとえ従業員があれこれへっぽこだったとしても、機械の性能が高けりゃ脱毛は進むんですよ。
効果よりも癒やしが欲しいから延々終わらなくても構わない、という奇特な人は好きにしたらいいけど、私は合理主義者なので、この事態をよしとすることはできない。
だから、せめて、曝す。
私の経験が誰かの役に立つとしたら、この失敗にも意味があったと思うことができるので。

何のためにその行動を起こすのか、その行動で目的は果たせるのか。
脱毛に限ったことじゃないけど、そういう視点は常に持っておくべきだと思う。
金も時間も人生も、無駄にしたくはないもんね。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。