脱毛 -09 男子高校生編(カウンセリング)

行って参りました。T医院。
ただし私がお世話になっているところとは別の支店。ぶっちゃけこっちの支店のほうが近い。私がT医院に通い始めたときにはなかったんだよ。新しくできたんだよ。よかったな息子。
ちなみに、息子は未成年(16才)なので、契約をするには親の同意書が必要だ。なので初回は私が同行したけど、以降は一人で通うことになる。当然だが。

さていよいよカウンセリングだ。
カウンセラーは、入ってくるなり「おかあさまは○○院のほうで・・・」と話し始める。いやいや、私はどうでもいいんだ。私の紹介としてこの子を連れてきたわけでも、○○院から紹介されてここへ来たわけでもない。それに、それは個人情報なんじゃないのか。いくら親子だからといってあっさりと通院記録を暴露するもんじゃないよ。しかも、なんでか顔脱毛をしたと勘違いされている。
「やってません。え? 脱毛ですよね? 顔はやってません」
ややこしいんじゃ! 脱毛はやったが顔じゃないし、顔脱毛はしていないがボトックスはやってるんだから・・・。てか、そもそも私の脱毛の話はどうでもいいんだよ! 横で息子がビックリしてるだろ! 「おかん何かやってたんか」って顔してるじゃんか、勘弁して!
しかしお姉さんはニコニコしている。悪気がないのはわかっている。ただ、世話になっているのは別支店だし、私のことは私が口に出さない限りスルーしておいてほしかったな・・・。

さて今度こそカウンセリングだ。
脱毛をしようと思ったきっかけを問われた息子がこう言った。
「お父さんが、濃いって言うんで」
おとーーーん!! 心の傷になりかかっとるやんけー!! 何言ってくれんじゃあ!!
カウンセラーの話では、来院のきっかけで一番多いのは、父親の毛が濃いため息子を憂えた母親が連れてくる、というものだった。
うちは違うな・・・。どっちかっつーと毛深い体質は私の家系だ。旦那は体毛の薄い方だと思う。しかしだからといって息子を毛深いと揶揄するとは何事か。けしからん。帰ったらデブデブ言ってやる。

脱毛希望箇所は、ワキと両足。
ここで、どこまで脱毛したいのかという話になる。ようは、ツルツルか減毛かということ。息子は、ワキはツルツル、足は減毛、と返事をした。私もそれがいいと思う。ワキは、男女にかかわらずツルツルなほうがいいと思うんだ。とりわけ衛生面で。
けど足は、全身脱毛するんでないなら、足だけツルツルにしてもバランスが悪いしね。気にならない程度に減らせれば十分だ。ストッキング履くわけでもないし。いや、履いたっていいけどね?

そして、脱毛の仕組みの説明がなされた。
「おかあさまはとっくにご存じでしょうから退屈かもしれませんが」
だからいいんだよ私のことは。放っておいてくれ。
カウンセラーは、デカい毛穴の断面図みたいのを3つ並べて描いて、ここに毛根があって、こう毛が生えてるのが成長期、そして退行期、そんで休止期、で、また成長期、とぐるりと矢印を描き足して、この一周に2~3ヶ月かかります、と発毛のサイクルを解説していく。なかなかわかりやすい。
光やレーザーを当てて効果があるのは、成長期の毛だけです。退行期や休止期の毛根には効果がありません。したがって、発毛サイクルに合わせて何度も通ってもらう必要があります。その通りだ。久々に聞いたぞこの話。Mサロンでは毛周期の話なんてミリほども出てこない。やはり脱毛は医療機関に限る
さて、これまでの医療脱毛はこの成長期の毛根をターゲットにレーザーを当ててきたわけですが、毛根は皮膚の深い部分にあるので、かなりの痛みを伴いました。うんうん。
しかし、今は新しい技術で脱毛することができるのです!! なんですってえ!?
毛穴の浅い部分に、バルジ領域というものがあります。これは、毛根に「毛を生やせ」と指示を出す司令塔のようなもので、これを破壊するのです。おおー。
位置が浅いので痛みも大幅に軽減。おおー。
ちなみに、この機械の名前は『ラシャ』というのだそうだ。毛根への攻撃との切り替え式のようだ。なるほどねぇ。科学技術の進歩はめざましいな。

というわけで、プランの話へ。
ワキをツルツルにするには12回、足を減毛するには8回が妥当だろうという話になった。2~3ヶ月おきに通うことになるので、まあ2年はかかるっちゅうことだな。
いやあよかったっすね。どうやら高校生のうちに終えられそうじゃないですか。ワキと足のコンプレックスが無い状態で新生活に臨めるなんて最高じゃないか。頑張れよ受験。

そんじゃ契約、の前にこれを言っておかねば。
「あの、学割はどうなりますか」
電話で予約を取る際にも訊いたのだが、「契約内容によりますので詳細はカウンセリングで」とはぐらかされてしまったのだ。そんなだったから期待はしていなかったけどさ。
「あー、あれは全身脱毛だけになっちゃうんですよ~」
やっぱりそんな感じー。3万円引くとか思わせぶりなことを書いておいて、割引対象が限定的という情報は行ってからじゃないと教えないってやり方、好かんな。導入している機械や技術、サービスに自信があるなら、もっと堂々とすべてを開示せんかい。逆に信用できなくなるんじゃ。
そんでも、会員登録という別手段で2万円の割引に成功。ふぅやれやれ。
でもまあ、ぶっちゃけ、価格より効果ですよ。「安かろう悪かろう」が後々どれだけ尾を引くかということを私は知っている。いいものをケチらず怠けず確実に続けること。それが結局は一番安上がりで最速なのだ。

契約も済ませ、パッチテストもやり、最終確認的な動画の視聴もし、なんだかんだ1時間40分くらいかかってしまった。他院のことはわからんけど、ほんとここはさ・・・書類が多いし会計だのドクターの診察だのパッチテストだのの待ち時間が長い長い・・・。別支店でもそうなんだから、この会社の悪しき体質ってやつで確定だ。改善してくれ。

記念すべき初回は、年内。
その前日もしくは前々日に、大がかりな剃毛処理が待っている。当然ながら息子は剃ったことなどないからな、毛量も長さも半端じゃねえ。仕方がないから今回ばかりは手伝ってやる予定。頼むから次回以降は自分でやってくれな。道具がないと無理ってんなら買うからさ・・・私のために。旦那が。

人気ブログランキング 脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。