歯医者でバッカルファット溶解 -04

およそ3週間前に、3回目(正確には4回目)のバッカルファット溶解注射を試みた。
これまでの注射で、洗顔時など、顔に手のひらで触れるとはっきりわかるほど効果が出ていることはすでに書いた。
しかしながら、未だに頬肉に歯形がつく状態。
頬肉をガッツリ噛んで血豆を作るようなことはなくなったので「まあいっか」と言えば「まあいっか」なのだが、「どうせなら」と思うじゃない・・・。

しかし、外科的処置で除去しているわけではないので、この闘いの行く末は気になるところ。
なので、歯医者に今後のことを訊いてみた。
要約するとこうだ。
バッカルファットはこめかみ辺りに待機しており、経年下垂してくる」
「最近噛むな~と思ったら処置、その繰り返し」
つまり、終わりはないのかもしれない。
その代わり、リスクも少ないということか。
バッカルファットの下垂を実感するのは年単位らしい。
何にせよ、気になるならやるし、気にならないならやらないし、お好みでどうぞということだ。
まあ、自由診療だしな。

さあ、前々回の失敗をふまえ、今回もどの位置に打つかは歯医者にお任せ。
でも一応、そのことも訊いてみた。以下要約。
「そのときそのとき、一番脂肪の多いところに打ちます」
ですよね。
お任せしてりゃよかったんですよ。
というわけで、両頬に1ccずつ打ってもらった。
きゅー。
今回もちゃんと効いてくれそうな感じ。よかった。

ところが。
私は重大なことに気付いてしまったのである。
頬の脂肪は確かに落ちている
それゆえ皮膚が余ってしまっていることはすでに自覚があることなのでまあいい。
いや、よくはないが、そのうちT医院でHIFU(ハイフ)をするつもりでいるのでとりあえずいい。
そんなことより、なんとなんと、いつの間にか体重が増えてしまっていたのである。
全然気付かなかったのよ。
顔が痩せているから。
気付きは、またしても洗顔だった。
ここ最近の感触と違う・・・スッキリ感が足りない。
本来なら4回目の注射の効果が出てよりスッキリしてくる頃合いだったのに、なんだこのふっくら感。
なんか逆に増えてない?
なんで?なんで??
と。

つまりはこうだ。
2度目の緊急事態宣言下での引きこもり生活。
楽な部屋着で過ごす日々。
マウスピース矯正が本格的に始まって通院回数も減少。
Mサロンでの脱毛も今や2ヶ月おき。
全然外に出ない!まともな服着ない!運動ゼロ!
そりゃ太るわー。
恐ろしいので体重計に乗ることはできない。
しかしわかる。
だって服の二の腕がキツイ。
ズボンが入ら・・・。
これは大変なストレス。
頬肉噛むよりストレス。

以前受けた遺伝子検査で、私はめっちゃ太りやすくめっちゃ痩せにくい体質であることがわかっている。
減らすことの難しさがわかっているだけに、本当にショックだ。
新たな問題が発生してしまうとは想定外だった。

バッカルファットに限ったことではないが、顔痩せの施術をされる方は、体重管理にお気を付けくださいませ。
使ったお金も減らした脂肪も水の泡です。
鏡で顔だけ見ていても気付かないからさ。
本当に・・・。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯医者でバッカルファット溶解 -03

「まずは3回」の、3回目だ。
とはいえ、2回目はほぼ失敗だったので、実質2回目くらいの気持ちで受診した。
医者に、マウスピース矯正が始まって歯形がよりくっきり頬につくようになったことを訴える。
「あー、ついてますね~」という反応が、「そうなんです!」と嬉しくもあり、悲しくもあった。

「今日はどのあたりに打ちましょう」
「一番ひどいところでお願いします」
私は素人なので、下手な指示はもう出すまい・・・。
医者の判断で、1回目より若干手前の位置に打ってもらった。
あ、キューーッてした!!
その安心感たるや・・・。
滞在時間は約5分
美容系の機関なんかに行くと、次から次に書類が出てきて読めだのサインしろだのうざったくて仕方ないのだが、ここは本当に楽でいい。

ところで、この注射を続けている間に、気になることが発生した。
脂肪が減ったがゆえに余ってしまったと思われる皮膚のたるみだ。
脂肪が垂れてきてたるんでいるわけではないので、これはどうしたらいいのやら?
脂肪で伸びてた分、それが減ったのだから引き締まってくれればいいのだが、若者ならまだしも、40代でそれが望めるかどうかわからない。
ネットで情報を集めてみたが、要約すると「戻らないとは言わないがすごく時間がかかるし限界もある」という感じだった。
とりわけ、急激に中身が減った場合は、修復が極めて難しい。
あぶねぇ・・・手術組はどんな目に遭っているのだろう・・・。
薬でのろのろ減らしたのは正解だったな。

とはいえ、ものすごくたるんでいるというわけでもないのであまり気にはしていない。
ただ、あともう1回くらいはするであろう注射の影響で、どの程度余り皮が生まれるかは注視したいところ。
場合によっては、その皮をどうにかする手を打たねばなるまい。
なるほど、こうやって美容施術の沼に落ちていくのねー。

などと素っ恍けてみたが、実はその沼はもう体験済みである。
正確には、契約済みだ。
こんなこともあろうかと(というわけではないが)、HIFUという引き締め施術の回数券を購入してある。
いや、ちょうどキャンペーン中で安かったし、無期限だったから。
もう歳だし、近いうちに必要になると思ったし。
ちなみに、書類がいっぱい云々はこの医療機関のことだ。
もともと脱毛でお世話になっていた医院なので、その信頼もあっての購入だと言い訳しておこう。
脱毛やHIFUの話も、いずれ書くつもり。

さて、今回の注射の効果はいかに?
結論、やっぱり医者に任せるのが正解
頬にできる歯形の白い線が、だいぶ短くなった。

さあ、3回目(正しくは4回目)いってみよう。

つづく。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯医者でバッカルファット溶解 -02

前回の注射からおよそ1ヶ月後、2回目の注射をした。
好きなところに打てるというので手前のほうにお願いしたのだが、どうも様子がおかしい。
キューーッてしない。
あれ・・・?効いてない?

不安は的中し、効果をほとんど実感できないまま1ヶ月が過ぎた。
失敗したのだと思う。
私が。
薬が優秀であることはわかっている。
それを打つ部位の選択を誤ったのだ。

もともとバッカルファットは頬の深い部分にある脂肪の塊なので、手前側にはない。
とはいえ、この注射(MLM)はバッファルカットを溶かす薬ではなく脂肪を溶かす薬なので、医者としては「手前を噛むからそこを減らしたい」という患者の主訴に従ったまでだ。
もう少し奥に打ってもらえばよかったなぁ。
とはいえ、全く効果がなかったわけでもないだろうと前向きに考える。
実感はできなかったが、いくらかマシになっているに違いない。

この段階で、マウスピース矯正が始まった。
思った通り、口内がより狭くなったように感じる。
頬に付く歯の跡が強くなったのを確認。
ついでに、マウスピースを装着するときにうっかり肉を挟んで血豆を作る。
ああダメだ、次こそ正しい位置に打ってもらおう。
かくして3度目の注射を計画するのだった。

つづく。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯医者でバッカルファット溶解 -01

ある歯科医のブログで知ったのだが、口内の豊かすぎる頬肉は、歯科処置の際ものすごく邪魔なのだそうだ。
言われてみれば、親知らずを抜歯するとき歯科助手がずっとそれを押さえていたけど、奥歯の横なんてそんなものかと思っていた。

でもね、それ、バッカルファット。
顔のたるみの元。
加齢に伴って落ちてくる、こめかみ辺りの脂肪の塊。
いらないやつ。

そりゃいかんと思い、早速ブログを書いていた歯医者に予約を入れた。
頬肉に歯が当たり続けている跡があったし、しょっちゅう頬肉を噛んじゃうし、歯医者に邪魔扱いされたし・・・明らかに該当者だったからだ。

バッカルファット除去というと、美容整形などでは口の中をちょっと切開して脂肪を引きずり出すらしいが、この歯科医ではそれはしない。
口内から脂肪を溶解する注射を打って、時間をかけて徐々に減らしていくのだという。
手術のように大金がかかるわけでもダウンタイムがあるわけでもないので、気軽にできる。
また、自費診療ではあるが、あくまで治療を目的としているので、医療費控除の対象になる。
手術で脂肪を除去しすぎてしまって逆にヒアルロン酸を注入したりする人がたくさんいるなんて話を聞かされたら、俄然こっちのほうがいいよね・・・。

ということで、両頬に1ccずつ打ってもらうことになった。
歯科医だけあって口の中から注射をするので、内出血だとか腫れだとか、そういうことが仮に起きたとしても問題ない。
私の場合は打った直後でさえ、どこに打ったのかわからないくらい何の痕跡も見当たらなかった。
ただ、キュー―ッとした。
効いてるー!?
医者も「きゅーってします」と言っていたので、その通りだ。
しかしそれもすぐに治まった。
処置はあっと言う間、面倒な書類のやり取りもない。
滞在時間は10分くらいだったと思う。
なんて楽ちんなんだ・・・。

効果はおよそ1ヶ月かけてゆっくり表れるらしい。
追加で処置をしてもらうかは、様子を見ながらのんびり考えればよかろう。
頬肉を噛むのは今に始まったことじゃないんだし。
だけど、マウスピース矯正が始まったら、今よりもっと口の中が狭苦しくなることは明白だ。
抜歯段階であるうちに、少し脂肪を減らしておいたほうがいいのかもしれない。

ちなみに、このとき打ってもらった注射の効果は、1週間も経たないうちに表れた
見た目というより、顔を洗っていて気がついた。
なんか肉感が違う!ほっそりしてる!
効果覿面。
1ヶ月待つのが怖いとさえ思った。
肝心の口内は、歯の跡はまだしっかり付いてしまうものの、うっかり噛んじゃうということがなくなった。
しかし、そこが減ったからか、その手前の頬をよく噛むようになった。
今度はもうちょっと手前側に打ってもらうといいのかも?
ブログには「まずは3回」と書かれていたので、なるほどなと思った。
今のところ、この処置の満足度は非常に高い

つづく。

人気ブログランキング 美容外科へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ