マカロニえんぴつ -06 なんでもなくないよ・・・

アニメの主題歌がご縁で好きになってから早1年3ヶ月。
ようやっと全てのアルバムを買いそろえることができました。やったあ!
いや、買うこと自体はやろうと思えばすぐできたんだけれども、なんかもったいないじゃない?
折角だし1枚ずつ堪能して、それから次へ・・・なんてやっていたら、こんなに時間がかかってしまったんだよ。ほらもうオバサンだから、数回聴いただけで歌えるようになっちゃう若い子とは違うんだよ。それに、私は1曲を繰り返し聴くってことがなくて、いつも1枚をぐるぐる聴いているので、ほとんどデジャヴ・・・ってそれはさておき。

我が家的トリを務めたアルバムは、今年の1月に発売された最新アルバムだ。
全曲知ってからこの子を迎え入れたのは正解だったと心から思ったね。
というのも、聞き馴染んだ曲がいっぱい入ってるのよ。

マカロニえんぴつ『ハッピーエンドへの期待は』 『ハッピーエンドへの期待は』収録曲

↑ マカロニえんぴつ『ハッピーエンドへの期待は』

普段アルバムを買うときは、曲がダブっていると「なんだぁ」ってテンション下がっちゃうんだけど、今回はそうはならなくて。むしろ「わー!これも入ってるー!」って嬉しくなっちゃってさ。
こんなこと初めて思ったぞ。すごいなマカロニ。どうやら私は本気で君たちを好きになったようだ。迷惑かもしれんが。
まあ、歌詞もメロディも声も良くて、しかも上手なんだから当然か。
あと、飾っていないところも好き。それが曲にも出ているのがいい。
そんでも、ライブに行ったり出演番組をチェックしたりはしないよ。性格上。てか、おかんだし、このくらいの温度がちょうどいいんじゃないかな。お互いに。

んでな。
最新アルバムに、『なんでもないよ、』って曲が入ってるんだけどな。これがとてもいい曲なんだ。
でも、それに気付いたのはこの曲を最初に聴いてから2ヶ月も経ってからだった。

お初はMVだったんだが、柄本時生が主演していてね、そっちに気を取られちゃったんだよ・・・。いや、気になるでしょ!?
「うぉ! すごい人使うようになったなマカロニ!?」から始まって、なんかよくわかんないシチュエーションに「???」ってなってるうちに終わっちゃって。最終的には「最後にはっとりさん出てた」が感想で、曲が全然入って来なかったんだ。「かなり売れてる」って噂を耳にしても、「そんなよかったかなぁ?」と首を傾げていたくらいで・・・。

それがあなた、今回ちゃんとCDで聴いたら全然違うじゃありませんか。
なんで先にMV見ちゃったのかと・・・。 性格上、曲を知ってから見るべきだったと猛省したね・・・。

私はどうも、自分の中にイメージが浮かぶ前に形を見せられちゃうと、その形に惑わされてイメージが浮かびにくくなっちゃうみたいなんだわ・・・。だから、初聴きで映像を見ちゃったのはよくなかった。MVがよくなかったってことじゃないよ? あれはあれで面白くはあったんだ。ただ、印象が強すぎた
自分の解釈ができない、自分の中で膨らませられないというのは、作品を鑑賞する上でとても残念なことだよ。そういう意味では、今回は本当に失敗したと思っている。私が。
などと長々嘆いてしまうほど、いい曲だったわけです。

いいと思った始まりは、「そんなもんじゃなくて」ってとこのメロディーと、それに続く「ただ僕より先に死なないでほしい」って言葉。
まずそこで「うあ」ってなった。グッときたし、「そう思ってる」と。
だから、始め私はこの曲を、〝伝える側の立場〟で聴いていたんだ。
ところが、最後に「君といるときの僕が好きだ」って歌詞があってな。そこで、「ん?」ってなった。「そう思ったことはないな」と。

それなのに。
最後の最後で共感できなかったのに、何かを見落としているような、見誤っているような妙な感覚がずっと離れなくて。
何日かして、ふと、〝伝えられる側の立場〟でこの言葉を聴いたときに、一気に納得した。
なんてこった・・・。こんな嬉しい言葉があるかよ、と。
こんなことを言われてみろ。こんなにも自分を肯定できることがあるか。こんなにも生きていてよかったと思えることがあるか。
大決壊だった。

ぶっちゃけ、「僕より先に死なないでほしい」って言葉は、自己肯定感が低い人間には響かない。「自分にそんな価値はない」「おまえこそ死ぬな」って思っちゃうから。だから、この言葉は〝言いたい言葉〟なんだよね。
逆に、「君といるときの僕が好きだ」って言葉は、自己肯定感の低い人間からは出てこない。自分が好きなときなんてないから。だけど、言われるとなったら・・・。

例えば、「君が好きだ」なら、「それは勘違いだ」「そんなはずはない」っていくらでも否定できるけど、「自分が好きだ」って言われたら何も言えないじゃない。つまり、肯定せざるを得ない。この人の〝好きな自分〟は私がいなくちゃ成り立たない。私が必要なんだよ。確実に。

なんだよ、この、自分の存在価値を認めないわけにはいかなくなるセリフは・・・! これ、「自分なんか」って思ってる人間にどんだけ響くか分かってて書いた?? 言っちゃなんだが、追い詰めてるぞ。そんなわけないのにそうだという事実をつきつけられているわけで、下手したらパニックを起こす。そのくらいの言葉だ。てか私はやばかった。歌でよかった。こんなん言われたらたまらない。死ねなくなる。こんな愛は知らない

興奮しすぎた。

てなわけで、とてもいい曲です。
お勧めは、曲だけ聴いて、しっかり聴いて、感動しきったあとでMVを見ること。ただし、全く別物として。別の作品だと割り切って見るべし。そうじゃないと、自分の中でイメージができあがっていたとしても上塗りされる。インパクトが強すぎてよくわかんなくなる。
と、脅しに脅しておいてリンクを張る。
折角いい曲だし、いいMVなんだもの。どっちも大事にしたいじゃない。

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」MV – YouTube

これは、マカロニさんを高みに押し上げた曲ってことになるんだろうなぁ。
ものすっごい視聴されているけど、みなさんは何を受け取ったんだろう。

人気ブログランキング エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。