ピクミンと10000歩の日

サービスが始まってから3ヶ月連続でイベントが開催されている。とてもありがたい。

このアプリは、戦うでも競うでもない、ただ個人的にほっこりするだけの、本当にただそれだけのアプリだと私は思っているんだが、そのアプリの、単に「珍しいお花咲かせられるよ」「ピクミン育ちやすいよ」ってだけのイベントにノリノリで参加しちゃう人たちがいっぱいいるの、ほんと好き。

私は、初回は10000歩達成してパンジーバッジもらえたけど、2回目は想定外の惨事(一緒に歩いた人は12000歩だったのに私は8000歩だった)によりクリアできず、ポインセチアバッジはもらえなかったのだ。うっうっ。
だから今回のツバキバッジは逃さないぞ! いざ出陣!

ピクミンブルームのツバキ

↑ そこら中に咲き誇るツバキ

で。結論から言うと、10000歩には届かなかった。
いや、頑張りはしたんだよ。あと1000歩ってところまで。でも、「じゃあもう一回りしてくるか」とはならなくて、「まあいっか」ってなっちゃった。
なんかね、歩数稼ぐために歩いて出かけて歩数稼ぐためにモール内ウロウロして・・・ってやってたんだけど、途中から数字よりウロウロ自体が楽しくなっちゃったのね。そんで、「そういえばアレが壊れてたんだった」「今度来たら見てみようと思ってたんだった」って次々と思い出して、あっちで用事済ませてこっち覗いてって、充実した時間を過ごせちゃったんだわ。
もちろん、人が多くいる場所には立ち入らなかったし、無駄にモノに触ったりおしゃべりするようなことも一切しなかったよ。だから、「感染対策をした上で経済を回す」という国の目標にも沿えているような気がして、最近にしてはかなり機嫌よく帰宅したのです。途中、増えていく星を眺めたりしながらね。

夜の始まり 一番星

↑ 帰り道に撮った、夜の始まり一番星

その結果が9000歩だった。
「あ、惜しい」とは思ったけど、悔いはない。

ところで、このイベントの真の目的って何なんだろう?
ユーザーが10000歩歩いたからって会社は儲からないよね? どうやって儲けを出しているのか・・・逆に心配になるな。
いずれはサービス終了の日が来るのかもしれないけど、うんと未来であって欲しい・・・。そのためなら、ちょっとくらいなら課金してもいいよ?
課金と言っても、花びらのMAX値上げるとか平和なものしかないわけだけれども。
ほんと愛してる。

人気ブログランキング エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。