ニッピコラーゲン摂ってる

かれこれ半年くらいは摂取していると思う。
ニッピコラーゲン100。有名だよね。
冷静になって考えると結構高いよなぁと思うけど、この半年でいいこともあったので、やめるにやめられない。
大抵のサプリはそんな感じでダラダラ続けることになるのだ。知っているとも。
けど、「いいこと」が何のおかげかわからない場合が多い中、今回の「いいこと」に関しては「コラーゲンのおかげだ」という実感があった

私にとって一番わかりやすかった変化は、爪だ。
コラーゲンを飲み始めるまでの私の爪は、ぴらっぴらだしすぐ割れるし欠けるし、いつでも深爪になるまで短く切っておかなければならない弱さだったのだが、飲み始めて3ヶ月後くらいかな? 爪が強くなったのよ。
断面の厚みが違うの。
ぴらぴらしてないし割れないし欠けないし、これは・・・! と思った。
予想外の効果で驚いたが、コラーゲンは足りていないところから順に届くらしいので、私の爪は余程ひどかったということなのだろう。

次いで実感したのは、寒がりの改善だ。
私は真夏の海辺でも風が吹けば鳥肌が立つほど極端な寒がりなのだが、この冬に、なんと一度も湯たんぽを使わなかったのである。
と書いても伝わらないだろうから説明すると、私は毎冬、床暖を効かせた部屋で上着を着込み、湯たんぽを小脇や太ももに挟むことで乗り切っているのだ。
一旦冷え切ると痛みさえ感じて一切動けなくなるので、貼るホッカイロを首後ろと腰に貼ることも欠かせない。
そんな私が! この冬! 上着も湯たんぽもホッカイロも使わずに過ごせたのだよ!
こんなこと今まで一度もなかった。
これまでと違うことなんかひとつしかない。
コラーゲンだ。
すごくない? すごくない!? というか、これほんとにコラーゲンの効果? そんなことまったく期待していなかったよ?
でも、他に思い当たることがない。
なので私の中では、これはコラーゲンのおかげということになっている。

従って、やめるにやめられない。
というか、こうなってはやめてはならないとさえ思う。
美容効果も欲しかったけど、コラーゲンにとってみたら私の体は要修復箇所だらけでそれどころじゃなかったんだと思うと、それはそれでなんかごめんなさい。
このまま続けていたら、足りていなかったところが徐々に回復して、そのうち余裕ができて別の箇所も良くなっていったりするのかな?
わからないけど、割れない爪と痛くない冬が嬉しかったので、今のところやめる予定はない。
高いんだけどね・・・。

ちなみに、パンフには珈琲に入れるのがお勧めと書いてあったけど、個人的には不味いと思った。
私が相性いいなと思ったのは、汁もの、納豆、ヨーグルト、カレー
とくに納豆は、粘り気がかなり増すので面白い

なんにせよ、効果が出るまでに数ヶ月は飲み続ける必要があるので、根気が必要だ。
あと、金。
なんだかんだ言っても結局は金かと思うと、途端に虚しくなるな・・・。

人気ブログランキング エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。