青菜を絞る

年末だし、年始だし、蕎麦のためにも雑煮のためにも、ほうれん草のおひたしを用意しておかねばならない。
というわけで、ちぢみほうれん草を大量に買った。
でも、茹でたほうれん草を絞っているとき、いつも思うんだよね・・・「これ絶対やりかた間違ってる」って。

普段は、茹でたほうれん草の根元をギュッと握って、それを葉先へ向かってギュッギュッと移動させていくやりかたで絞っているんだけど、そのときに、ムギュっていうかグニュっていうか、細胞を壊しているような感じがするんだわ。
これは絞りすぎっぽいと思って手加減すると、今度は全然絞れていない。
小っさいことだけど、毎回モヤモヤしてたんだ。

そうしたらついこの間、NHKだったかな。料理のコーナーでシェフが小技を披露していたのよ。
青菜を絞るには、巻きすがおすすめですよ」って。
まさかの巻きす! 確かうちにもあったはず・・・!
ということで、茹でたちぢみほうれん草を絞ってみました。

巻きすで絞った茹でちぢみほうれん草

↑ 巻きすで絞った茹でちぢみほうれん草

どうですか!?
葉も茎も潰すことなく、上から下まで均等にちゃんと水切りできたよ!!
画期的!! 巻きすブラボー!!

ただ、この画像ではわかりにくいと思うけど、普段使っていないだけあって、巻きすの表と裏を間違えて使いましたね・・・。
巻きすの表裏は、縞模様を付けたり付けなかったりするためにあるんだそうで・・・。そんなん知らんし。縞々付けたし。いらんし。別にあっても困りはしないけど、なんかダサい。私が。

ちなみに、巻きすは竹と木綿糸で出来ているので、洗うときは洗剤使わないほうがいいのだそうだ。それも知らんし。ガッツリ洗ったし。
なお、巷では食洗機で洗えちゃう素材の巻きすも売っているらしい。うちには食洗機はないけど、洗剤で洗えて乾きも早い(たぶん)のは便利そう。頻繁にやるなら買ってみるのも有りかもしれん・・・。
まあ、吊るして干している巻きすも趣があって面白いけどね。簾みたいで。

人気ブログランキング エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。