歯科矯正 -17 三度目の正直マウスピース(7/15個目)

矯正を始めてから600日超
新新マウスピースも残り半分といったところで、定期検診に行ってきた。
いつも通り歯の掃除と汚れ落としから始まり、それが終わると医者が現われた。

今回、私には改めて確認しておきたいことが2つあった。
1つは、下がりすぎている前歯(上)はちゃんと戻るのか、ということ。この70日で目に見える変化がなかったため、訊いておきたい。中でも心配なのは、もとは八重歯だった歯だ。これが下唇を押し下げてしまっている。これは大変よろしくない。何がよろしくないって、口角が下がるのよ。それだけで10歳くらい老けて見える。これはオバサンだからこそ看過できない。
もう1つは、抜歯箇所へと移動させたものの歯茎と共に沈んでしまった歯は、ちゃんと咀嚼できる歯に戻るのか、ということ。矯正中だからと我慢し続けてきたけど、これも目に見える変化がないため、訊いておきたい。ご飯粒が咀嚼されず、その形を維持したまま歯の隙間に埋めこまれていくあの不快感・・・。ちょうど歯茎が減っていて歯同士の隙間がとても広い部分でもあるため、詰め込み放題だ。あまりの不快さに、私はご飯を飲み込むようになってしまった。これは絶対に改善されなければならない。

というわけで、早速訊いてみた。
「この元八重歯が上がってくれるか不安です」
「位置としてはいいと思うんですけどねぇ」
いやいやいや、何ですかそれは。上げるって言ってたじゃないですか。それともあれですか、この歯単体で見れば上げる必要性はさほどない、位置的には悪くないと、そいうことですか? ダメダメダメ、実害あるから! 主に精神面でダメージを喰らってるから!
「けど、上げることはできます。唇に接触しているということなので上げましょう。ちょっと角度も内向きにして、こうしてこう・・・」
ああ、よかった・・・。成功イメージが出来てきたみたいだ。
・・・て、待てよ?
てことは、今渡されているこの15個のマウスピースを最後までやりきったとしても、この歯はさほど上がらないってことか。
なんてこった・・・ひょっとしてまたマウスピース作り直すのか・・・。
「今お渡ししているマウスピーズが終わったら調整しましょう。長くかかって申し訳ありませんが、とことんやりますよ」
作り直しじゃなくて延長かい!!
どんどん長くなる矯正期間・・・。いいのよ、別に急ぐ用事があるわけじゃないし。期間より成果ですから。

といったところで、もう一つの話に移る。
「噛み合わせは、ちゃんとなります。そうでなければ意味がない」
ですよね! 当然ですよね!
でも、もう終盤なのにこの状態いつまで続くんだろうって心配だったんだよ・・・。 全然改善が見られないしさ・・・。
「ひょっとしたら、マウスピースをつけた状態で、噛んでしまっているのかもしれませんね」
ん? どういうこと?
「それで歯を下に押し込んでしまっている可能性はあります」
普段は噛み合わないけどマウスピースをつけていればその厚みで噛み合えてしまうので、無意識のうちにその状態でギリギリやっちゃって、歯を押し下げてしまっているのではないか、という指摘だった。
そうなのかな・・・無意識じゃわかりようもないな・・・。
でもまあ、そんな可能性があるっていうなら、意識はしておいたほうがいいよね。マウスピース付けた状態で無駄に噛み噛みしないように気を付けよう・・・。
「歯茎は、前にもお話しましたが、歯茎の移植や、被せ物で対処することができます。矯正が終わった段階で、どうするか考えましょう」
何度聞いても恐ろしい歯茎の移植・・・。そしてそれを選んでしまいそうな私・・・。
だって、被せ物って異物だからメンテとか面倒臭そうだし、自分のもので補えるならそのほうがよさそうじゃない? わからんけど。

去り際、医者は満足げにこう言った。
順調ですよ。見本になるくらい。すごいと思います」
え、そうなの? これで?(失礼)
私からしたら、600日も経ってまだ噛み合わないとか隙間ひどいとか、挙げ句前歯下がり過ぎちゃったとか、上手くいかないもんだなぁって印象のほうが強いんだけど・・・。医者の見解ではそうなのか・・・。

でも、この際だから素人の見解も言わせていただくと・・・
前歯の位置が上と下とでズレているのは、おかしくないですか? 滅茶苦茶気になるんですけど・・・。
他所の歯医者のHPなどを見ると、そこを綺麗に合わせてなんぼくらいに書いてあるのに、なんで私は合わせてもらえなんだか・・・。
抜歯4本というおぞましいスタートで、しかもそのうち1本は、歯並びに多大な影響を与える中央から5つ目の歯(下)だったってのが最大の原因なんだろうけど、その、横に寝ちゃっていた歯をどうにか起こして並びに戻してやることはできなかったのだろうか。そのための隙間は親知らずを抜けば作れたんじゃないのか・・・。
まあ、今さら悔やんだって仕方がないんだけどさ・・・。

さて、次回はなんと3ヶ月後!
「お渡ししているマウスピースが全部終わったら来てください」と言われたので。
かつてなく長い・・・。けど、その途中で来られてもできることはないよってことなんだろうな。
その頃にはどんな具合になっているかなぁ。期待したいけど、期待するのも怖い。
でも、期待したい。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -16 三度目の正直マウスピース(1/15個目)

作り直しが決まってから1ヶ月強。
ようやく新しいマウスピースが届いた。
すでに矯正を始めてから540日くらい経過している。
さらに30個くらい渡されるんじゃないかと思っていたので、15個と聞いて喜んでしまった。
しかし、単純計算であと150日だ。決して短くない。
しかも、そのあとにはリテーナーなるものを装着する日々が待っているのだ。
まだまだまだ、だな・・・。

行くと、早速歯にアタッチメントが付け直された。
ああ、またゴロゴロするやつ・・・いや、いいんだ、その重要性はなくなってみて思い知ったし。
取り付け作業が済んだところで、医者登場。
まず、マウスピースの到着が遅れたことを詫びられた。
発注先(海外)とのやり取りがうまくいかず、4回もやり直しをしたらしい。加えて、コロナやら何やらで事がスムーズに運ばなかったっぽい。まあ、それはそうだろうなあ・・・。

ところで、今日、私には相談しておきたいことが3つあった。
ひとつは、上の前歯の長さが不揃いなこと。
ひとつは、歯が隙間だらけなこと。
ひとつは、歯間ブラシのこと。

最初のひとつは、訊くまでもなく医者から説明された。
オーバーバイトって言うんですけどね。今、上の歯が下の歯に過剰に被さっている状態なんで、これを直します」
そう言って、ノートPCで新しい完成予想図を見せてくれる。
おおー。歯の位置は上げることもできるんだ!?
てか、そもそも、なんで下がってきちゃったの? ずっとマウスピースはめてたのに、想定外の形になっていくってどういうこと??
それを修正するためにマウスピースを作り直しても、また同じことが起こらないとは限らないよね? え、そうしたらまた作り直すの? それいつ終わんのよ・・・。
医者は、納得のいく形になるまでとことんやる、などと言う。いや怖い。それほんとに終わりが来なさそうで怖いよ!?
なお、歯自体の長さが不均等なのは矯正ではどうにもできないので、それも気になるということであれば、それはまた別の処置を考える必要があるということだった。
・・・覚えておきます。

次のひとつは、自ら訊いた。
「今すごく隙間だらけで、ことごとく物が詰まって大変なんですが、これは最終的にはなんとかなるんでしょうか」
矯正中は歯を動かしているんで歯茎が細って隙間も目立ってしまうんですけど、終われば戻ります
「あ、そうなんですね。どのくらいの期間で戻りますか?」
「数ヶ月。半年とか、そのくらいです」
へええ。
「それでも気になるようであれば、被せたり、場合によっては歯茎の移植をすることもできますよ」
「歯茎の移植!?」
「はい。上顎から」
「ええ!? そそそそっちはちゃんと戻るんですか!?」
「戻ります」
すげえな歯茎!?
「まあ、やらないで大丈夫だと思いますけどね」
うん、あんまりやりたくない・・・。

その流れで、最後のひとつについても訊いた。
「今は歯間ブラシで対処しているんですけど、どの程度やったらやりすぎっていう目安はありますか?」
ちょっとでも抵抗があったら、やらないほうがいいです。とりわけ、今の段階ではやらないほうがいい。歯茎の再生を妨げることになります」
なるほど・・・。
「なるべく歯ブラシで。あとフロス」
おお。あなた初めてフロスって言いましたよ。つか、前回、歯間ブラシも「いいと思います」って言わなかったっけ・・・?
いやいや、これは流れ的に、歯茎が弱っている今現在の私へのアドバイスなんだろう。そういう状況でないなら、つまり一般回答としては、「優しく対処できるなら歯間ブラシもまあよし」って意味だったんだよ。そうに違いない。

ブツを受け取り、情報もゲット。次回の予約(8月末)も取れたので、あとは会計だ。
受付のお姉さんが言う。
本日のお会計はございません
・・・は?
「えっと、え? ないんですか?」
「はい。ございません」
そうなん・・・。大丈夫かこの歯医者・・・。
そういえば、今日は歯の掃除やクリーニングはなかったな。
そうか、今日は定期検診ではなかったわけか。
にしても、タダって・・・なんかごめんなさいね。私悪くないけど。

さて、次に来る頃には、夏休みも終わりだ。
まだ始まってもいないものが終わりを迎えているだなんて、すごく先のことみたいに思えちゃうな~。
って・・・は!?
8月は校正の検定試験があるじゃないの! それも終わってんじゃん!?
ひいぃぃえええぇぇぇ
長くないぞ、むしろ短い! すごく短い!!

勉強に戻らなくちゃ・・・
だから、ほら、嘘じゃないんだって・・・(前投稿冒頭二文参照)

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -15 またまたマウスピース作り直し

通算500日を過ぎたところでの定期検診。 今日は歯の隙間に食べ物が挟まりまくることを解決すべく水洗浄歯ブラシの導入を検討していることに対する医師の見解を聞こうと意気込んで行ったのだが・・・。

まさかの再びマウスピース作り直し!!

いや、でもね、上の前歯がマウスピースとピッタリ合っていないことは認識していたんだよ。
それで前回、「ここが気になってて」と歯科衛生士っぽいおねえさんに訴えたら、「少しくらいなら問題ありません」って言われちゃってな。私は細かいことを気にしすぎるところがあるから、「あ、そうなんだ」と思っておとなしく引き下がったんだけど・・・。
問題あったじゃんね・・・。
その人もさあ、一蹴しないで先生に報告してくれたらよかったのに、なんで決めつけちゃったんだろうな。
あとで怒られただろうか。てか、怒られていてほしい。
違和感を拾ってもらえなかったことで、私は2ヶ月という時間を無駄にさせられたわけで・・・。
怒られてほしいわ。

改めて歯型をとるため、4日後に再受診。前回の作り直しのときもそうだったけど、今回も追加のお金はかからない。ありがたや。

歯型は、初回こそアナログにとったが、それ以降は、口の中にカメラだかなんだかの機械を突っ込んで撮影した3D画像だけで作成しているようだ。その撮影作業中、口を開いたり閉じたり、歯を噛み合わせたり緩めたりを何十回も繰り返すことになるんだが・・・実はこの日、私は眠くてたまらなかった
というのも、前日の睡眠時間が2時間だったのだ。
いや、これはもう、言い訳のしようもなく100%私が悪い。だがしかし、いくら反省したところで眠気には勝てない。そのうえ、状況が眠りに適しすぎている。目にはタオルが乗せられているし、体勢は仰向けだ。室内は暑くもなく寒くもなく、静かで空気も清浄。たとえ睡眠不足でなくとも、これは寝てしまうだろ・・・。
おねえさんが言う。
「開けてください」
私は口を開ける。
「噛んでください」
噛む・・・
「噛んでいてください」
んあ!?
ほんの数秒のうちに意識は遠のく。いや無理。これ無理。
私のせいで作業が一向に進まず、おねえさんの声がどんどんでかくなる
「開けていてください」
「開けていてくださいね」
「開けていてくださーい」
おねえさんは苛立ちが頂点に達したのか、とうとう口を開けたときの顎を押さえにかかった。閉じられてなるものかという気迫すら感じる。
うわあああすっげえごめんなさいいい。
開いておきますっ、もう寝ないっ、やれるっ、などと思うそばから
「開けていてくださーーい!」
うを・・・。
今度こそちゃんとこの口を開けたままにしてみせ・・・
「開けていてくださいねーー!」
はうあ・・・。
どうにもならなかった

奇跡的に作業が終わり、おねえさんが話し掛けてきた。
「すみませんでした。時間がかかってしまって」
「えっ!? いえ!? こちらこそすみません、睡魔が・・・」
「あ、そうだんたんですね。よかった~」
「は? え・・・は??」
「口を開けたままで顎がお辛いのかと思っていました。そういうことならよかったです」
うあ・・・お、おねえさん・・・!!
いるんだな。世の中にはいるんだな。白い心の人が!
私なんぞにゃ思いも寄らない善人ってのがさ・・・。
顎押さえられて「めっちゃ怒ってるーー」とか思ってた私黒すぎる。
補助しようとしてくれてたんじゃん。
でかくなる声も、ひょっとしたら励ましてくれていたのかもしれない。
ほんと申し訳なかった
今さらだけど目が覚めたよ。色んな意味で。

なお、訊こう訊こうと思っていた水洗浄歯ブラシについては、ごく短い回答を得て終わった。
「いいと思いますよ」
ほうほう。いいですか。なら検討の価値はあるか。
しかし、「お勧め」という感じでもなさそうだ。
この医者は、「歯磨きは優しく」ということを毎回言ってくるが、道具への拘りは見せたことがない。歯科衛生士などはフロスを勧めてくるけど、それもしない。
だから多分、水洗浄歯ブラシも「優しい」から「いい」のであって、その方法を格別すばらしいと思っているわけではないんだろうな、と解釈した。
その証拠に、他の手段として試しに挙げてみた歯間ブラシについても、「いいと思います」と答えた。
水洗浄歯ブラシも歯間ブラシも「いい」の度合いが変わらないのなら、先に検討すべきは歯間ブラシだろう。
なんせデメリットが格段に少ない。
水洗浄歯ブラシは、なんだかんだ高いし面倒だし場所をとる。個体差はあるだろうけど、歯間ブラシのそれとは比べものにならない。

次回の検診は、今のところ未定だ。
新しいマウスピースができたら連絡くれるらしいので、それを待つことになっている。
とりあえず、それまでの間に優しい歯間ブラシでも探してみようかな。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -14 Newマウスピース(12/33個目)

定期検診に行って参りました。
経過としては何も問題なし。いつも通り歯の掃除などやっていただき、5,500円支払って終わった。滞在時間は30分くらいだったと思う。

さて。
旧マウスピースから数えると45個目。すなわち、矯正を始めてから約450日が経過したことになる。
実感としてどうかというと、歯並びとしては綺麗な状態だ。マウスピースの形も全然いびつじゃない。
ただ、歯と歯の間の下部、歯茎との三角形の隙間があちこちすごくて、何食べても詰まってしまって困ってる。歯ブラシじゃうまく磨けないし、フロスでも取り切れないって感じで。
このすごい隙間が、果たして残り21個で埋まるのか、正直不安だ。
水流方式の口腔洗浄器なんぞを物色してしまう・・・。
というのも、定期検診でやってくれる歯のお掃除が、まさにそれなんだ。
当然ながら、水圧だとか細かい部分はプロ仕様なんだろうけど、いつもそれで歯と歯茎の隙間なんかを重点的に掃除されているから、たぶん効率がいいんだろうなって。
歯ブラシの圧で歯茎を下げちゃった私としては、汚れが取れないからと長々磨き続けることに毎回ビクビクしているわけで、だったら、しっかり取れるし歯茎にも優しいであろう文明の利器を導入するのはありかなって。
この隙間と歯磨きの悩みについては、次回の検診で先生に相談してみようと思う。
って、あと2ヶ月先か。
それまでこのまま・・・?
うーん・・・。

なお、マウスピースは相変わらず10日ごとに交換しているんだけど、最近は新しいものを付けても、あまり違いを感じない。
矯正も終盤で、以前に比べて移動が少ないからなんだろうけど、でも隙間があるからさ・・・。逆に心配だ。

ま、とりあえず、もう2ヶ月。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -13 Newマウスピース(4/33個目)

今回は新マウスピースに切り替えてから初めての定期検診ということで、いつもより若干早め。医者の指示です。私の判断じゃありません。
さて、本日もいつも通り、歯のお掃除のあと、汚れ落としまでしていただきました。毎度ありがとうございます。おかげさまで、安心してアタッチメント付近の汚れを気にしないでいられます。え、だってどう頑張っても汚れるもん。そこキレイにしてもらえるのともらえないのとじゃ気持ちの上で全然違う・・・。

クリーニングが終わると医者が登場。これもいつも通り。新しいマウスピースの着け心地などを訊かれたけど、すべて問題なし。むしろ、これまでよりもてんで痛くないんですが逆に大丈夫なんでしょうか!?
当初の予定では、マウスピース52個中の36個目あたりで上の歯はほぼ完成で、その先は下の奥歯の隙間をじわじわ詰めていく期間になると説明されていたので、ギチギチ締め付けられるような痛みはもうないのかもしれない。実際、旧マウスピースから数えたらちょうど37個目くらいなわけだしな。ふむふむ。
沈んでしまっていた右下の奥歯も、なんとなく浮上傾向(というか、動かし方なんだと思うが、沈みが止まって戻って来ている感じ)にあるっぽく、なるほど新たに作り直しただけのことはあるようだ。よしよし。

ただし今回もまた、歯茎が下がってしまっている歯のことを指摘された。
毎回言うってことはそれだけ酷いってことだと思うし、本当にこれ以上悪化させたらマズイからハミガキ気をつけてってことなんだろうな。
結局そこは、将来的に「被せ物をする」という方向で医者の中では固まりつつあるみたい。うん、決めてもらって構わんです。素人が口を出すと碌なことにならんからね・・・(過去に何かあったらしい)

最後に「順調です」「がんばりましょう」と言っていただき、今日はこれでおしまい。あとはお会計・・・
本日、お会計はありませんのでこのままお帰りください」
へ? え、なんで??
「院長がそう申しておりますので、ございません」
なぜだ!?
マウスピース作り直した後の早めの検診だったからか? クリーニングもやってくれたというのに、なんて太っ腹なんだ!!

よし。なら、この金は別のことに使って社会に還元するぜ! オミクロンも来ちゃってるし、貯め込んでたら経済が死ぬもんな!
さあ、何に使おう?
この時期に5000円なんて、お年玉みたいでいいね!

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -12 Newマウスピース(1/33個目)

新しいマウスピースができあがったと連絡が来たため、行ってきた。
右下の歯が、歯茎が下がっていた影響で沈んでいってしまっていたため、歯の移動のさせ方を変えると説明を受けた。
新しいマウスピースは全部で33枚。
もとは52枚で、そのうちの33枚目まで進んでいたことを思えば矯正期間が延びてしまったことになるけど、まあ仕方がない。

新しいマウスピースを作るために一旦取り除いたアタッチメントを、再度歯の表面に取り付ける。取り付けるというかなんというか・・・とにかく、また歯の表面に白い凸凹したあんまり嬉しくないものがくっつけられた。
これがあると、ざらざらゴツゴツするんだよな・・・。
でも、これがなかった時のマウスピースの締まらなさには不安しかなかったことを忘れてはない。
しかし、幸か不幸か、新しいマウスピースのアタッチメントは、前回とは位置が違った。
なんと、前歯にはない。
前歯にないのはマジありがたい。
透明マウスピースによる矯正は目立たないのが利点というけど、前歯にアタッチメントがあれば当然マウスピースも凸凹だから、それなりに目立つんだわ。
よかったよ・・・矯正期間は延びたけど、よかった・・・。

さっそく装着してみると、なるほど、それまでのマウスピースでは浮いたようになっていた箇所がピッタリと合っている。よーしよし。
しかし、歯茎が下がっているという問題は、マウスピースを新調しても解決しない。
医師の話によると、歯茎が下がって歯の根部分が露出すると、比較的柔らかいそこは歯ブラシなどの外的刺激の影響をモロに受けて、なんと7倍の速度で削れていってしまうらしい。恐ろしい・・・!!
そうならないためにも、樹脂でその部分を補うとか、歯全体に被せ物をして護るとか、そういった処置をする必要があるのだと言う。
しかし、それを行うのは矯正が終了してからなんだそうだ。
具体的には、リテーナーと呼ばれる矯正後の後戻りを防いで安定させる装置の使用前あたりを考えているらしい。
ほぼ一年後っすね。
それまでに、新たな問題が起こらなきゃいいけど。

さて、次回はいつもよりちょっと早めの1ヶ月半後。
って、来年じゃん。早っ・・・今年もう終わるんか・・・。
今、世間の注目はオミクロン一色だけど、その頃はどうなっているのかなぁ。
場合によっては冬季オリンピックどころじゃないよね。社会的にもボイコットする国が出てきそうだし、開催することが望ましいという空気が感じられない・・・。
とはいえ、我が家の問題は年賀状だ。今の今まですっかり綺麗に忘れておった。
がんばる・・・のか?

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -11 マウスピース作り直し

マウスピースを作り直すことになった詳細は前回書いたので省く。
で、行って参りました。
歯の表面に付けられていたゴロゴロとしたアタッチメントがすべて削り取られ、口内をくまなく撮影されて、今日はおしまい。
お代も無し。
写真撮るだけでマウスピースが作れちゃうんだから、すごい時代だ。
新しいマウスピースが来るまでには2~3週間かかるらしいけど、それだって早いよなぁ。3Dプリンターとかで作るのかねぇ。
で、それまでは今あるマウスピースを使ってくれってことらしい。
けど、今アタッチメントがないので、なかなかしっくりはまらないんだよ。こう・・・ピッタリしないというか・・・。
なくなって初めて分かるありがたさ。あったらあったで、汚れるしウザって思うんだけどな。

そういえば、先日、衆議院議員選挙がありましたわ。
まあ、あれですよ、思った通り以上です。
この国は異様なまでに保守的ですね。温暖化に対する国としての方針を国際会議で鼻高々に宣言したらしいけど、その評価として「化石賞」をいただいてしまったことを、もうちょっと真剣に受け止めるべきだと思います。
今が大事なのに、今今の生活を守っちゃう国、日本。

そんじゃまた数週間後に。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -10 マウスピース編(30/52個目)

定期検診5回目
マウスピースは今日から30個目。
すなわち、矯正を始めてからおよそ300日が経過したということになる。

クリーニングと色素落としをやってもらってからの、医師登場。
「開いてください」「噛んでください」を繰り返し、何やら考えている様子。
あー、前回言っていた、ゴム引っかけて云々ってのをいよいよやらにゃならん感じなんかなー、などと思っていたのだが、違った。

「近いうちに少しお時間作っていただいて、もう一度歯型を取ります」

あ、そうなの?
いや、それも前に言っていたよね。
最新の状態に合わせてマウスピースを作り直した方がいいと判断する可能性もあるって。それか?
だが、いわく、

「歯はちゃんと移動してきているんですが、ちょっと下がってきているんですよね」

下がってきているとは・・・!?
説明はこうだ。下がってきているのは下の歯の歯茎。
なぜ下がっているのか?
それは、一つには強すぎるブラッシング
しかしそれよりも重大なのは、犬歯が八重歯になってしまって本来の役割を果たせなかったために、下の歯に過度の負担がかってしまっていたことによる「咬合性外傷」だと。
歯茎は一度下がると自然に戻るってことはまずないらしく、元々下がり気味だったところは「最終的に樹脂で埋めましょう」なんて話していたんだけど、まさか歯自体が下がってきてしまっているとは・・・。
つーか、今まで驚かれるほど順調だったのに、それこの2ヶ月で起こったの? 怖くね?

言われて確認したが、噛んだ状態を見てみると、確かに上の歯との間に大きな隙間ができていて、「下の歯の位置なんか変だな?」って思った。
解決策としては、ひとつには被せ物をするという手があるらしい。
仕組みはわからんが、それには歯茎がこれ以上下がらないように守る役目もあるとかで、でもちょっと費用が掛かかってしまうという話だった。
「ひとつには」と言ったからにはもうひとつくらいは策があるのだろうと待ってみたが、別の話は出てこない。
まずはもう一度歯型をとってみないことには何とも言えないということなのかな?

というわけで、急遽、2週間以内に受診して、アタッチメント(マウスピースを密着させるために歯の表面に取り付けた、歯と同じ色のボツボツゴロゴロした突起物)を一旦全部取り外した上で、再度歯型を取ることになった。
「1時間くらいみてください」と言われたが、アタッチメントを外して歯型とってまた取り付ける面倒な作業がそんなにスムーズに行くのかはわからない。過去にも色々あったしな・・・。
そんでたぶん、その結果を踏まえて「今後どうするか」って話をまた近いうちに聞きに行くことになるんだろう。ゴム引っかけるより面倒なことになるのはほぼ確実だが、まあ仕方がない。
長い間噛み合わせが悪かったことが、歯茎にまで影響しているとか思わなかったなぁ。
矯正は早めにやったほうがいいぞ!!
なーんて今さら思っても私の役には立たないが、誰かの役にはどうか立て。

ところで、2ヶ月前は時事ネタとしてコロナ禍でもオリンピックやっちまったね、なんて話を書いていたけど、まさかそのわずか2ヶ月後にここまで収束するとは思わなんだ。
すごいけど、怖いね。
この油断の先に待っているのは、冬ですぜ。
去年は驚異の感染対策で存在感なくなってたインフルも、コロナのワクチンが普及したことで余裕かましてたら医療を逼迫させる大きな要因になり得るし、何しろ年末年始だ。忘年会、新年会、里帰り、と年間を通しても屈指の難敵が控えている。
すべての制限が解除されて酒飲んではっちゃける人々の姿が連日報道される様が目に浮かぶな・・・。

とはいえ、次の受診はそんな先じゃない。
それより近い未来に書くべき時事といったら・・・ああ、選挙か。
まあ・・・結果はわかりきっているような気もするが。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -09 マウスピース編(24/52個目)

8月末に、4度目の定期検診に行ってきた。

そうか・・・前回の検診はオリンピック前だったのか。
いやあ、やりましたねぇ、オリンピックもパラリンピックも。
すごいメダルラッシュだったなぁ。「大活躍」「初の快挙」そんなんだらけ。
それもこれも開催されたからこそだ、なんて考えちゃうと、「やらないほうがよかった」とは言いづらいものがある。
国がそこまで見越して押し切ったのかはわからんけど、うまいことやったなと思う。
そうして国民は、本気でそれどころじゃなくなっている人たちから、一時目を逸らした。
私も連日LIVEを楽しんじゃったクチだから、同罪だ。

さて、本題。
24個目のマウスピースに切り替える日だったので、矯正を始めてからおよそ240日経過したということだな。はやー。
いつも通りお掃除や汚れ落としなどをしていただき、いつも通り「順調です」と言っていただき、とくにこれといって変わったことはなかった。
敢えて言うなら、先生が「1日20時間くらいマウスピース付けてます?」と訊いてきたので、そりゃそう言われてるしな?と思いながらも「はい」と答えたら、「やっぱりね。そのくらい付けていないと、こうはいかない」などと感心されたことが謎だった。
いやさ、なに、みなさんは先生の言いつけを守らない?
1日4時間以上も外しちゃうわけ? 1日22時間装着するように言われてるのにか。
あたしゃ、22時間と言われたところを実質20時間くらいしか付けられていない自分を情けなく感じていたんですがね。どういうことですか。
というかね、そんだけ外しちゃってる人は、それがいかにマイナスかをわかっていないと思う。
このマウスピースは、外している時間が長ければ長いほど、再装着時に感じる痛みが強くなるのだ。
ちょっとの時間でも歯が戻っちゃうんだよ・・・。
個人的には、連続して2時間外してしまったときに「こりゃ厳しい」と痛感した。
そんで、「1日22時間装着」の意味を悟ったのだ。
食時も歯磨きも時間がかかるんで、シビアだけどさ。

あとは・・・以前言われたことと同じことをまた言われたな。
より効率的に進めるために、歯の型どりをし直す可能性があるということ。
それから、動きづらい歯にゴムのようなものを掛けて引っ張るという処置を導入するかもしれないということ。
まあ、必要なら何でもやってくだされ。
何の為にやってんのかって考えたら、今今の不都合なんて天秤に掛けるまでもない。

次の検診は10月末だー。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ

歯科矯正 -08 マウスピース編(18/52個目)

2ヶ月に1度の定期検診。
今日は、アタッチメントを追加
段階に応じて、そういう細かい処置を施していくらしい。
ただ、今回追加されたのが上の前歯でねぇ・・・。
ぶっちゃけ気になる。
マウスピースをはめちゃえばそうでもないけど、外しているときの違和感はなかなかのものだ。
これ最後までつけっぱなしになるのかなぁ。
上唇の裏あたりゴロゴロざらざら、結構気になる・・・。
まあ、そのうち慣れるか・・・。

それから、レントゲンを撮りましたね。
最初に撮ったものと並べて見たら、全然違うの!
今つけているのが18枚目のマウスピースなので、つまり矯正を始めて170日が経過したということになるわけだけど、まさに塵も積もればだよ。
地道な努力、積み重ね・・・大事!バカにできない!!
歯医者には「極めて順調」と言われ、当初言われていたマウスピースの作り直しは、今日は話題にもならなかった。
うんと先はどうなるかわからんけど、とりあえず30枚目までのマウスピースを渡されたので、そこまではそれでやりましょうってことなんだろう。

それはそうと、医者が毎回「噛み合わせ悪くてごめんなさいね」「不便をかけて申し訳ない」などと言ってくることに困惑している。
たしかに噛み合わせは最悪だ。
前歯が変に噛み合ってしまうので奥歯が全く使えず、米粒はほぼ飲み込み。
また、歯の隙間がただごとじゃないので、キャラブキなんぞ口にしようものなら根こそぎ挟まって洗面台直行ですけどね。
でも、それは医者のせいではない。
私はそんなもんだとわかった上で自ら契約したんだし、歯医者側の不手際でそうなっているわけでもなければ、新しいことを試されているわけでもないのに、なんで謝るのだろうかと・・・。
言われるたびに恐縮して「いやいやいや!!」と返すのは、ノーマスクで飛沫もとぶから先生にとってもハイリスクなのに。
お互いいいことないから、やめたいんだけど・・・やめませんか・・・。

ところで、そのあと訳あって眼医者行ったら、オッサン二人が待合室でデカい声でしゃべっててびっくりした。
宇宙人の話とかしてる。それ不要不急の話題か?
帰りにすれ違ったオバサン4人組は、うち2人がノーマスクで、4人で談笑しながら道のど真ん中を闊歩。
あんたたち何者なの? ウイルス保有の可能性がゼロの新種の人間?
「若者の意識が」なんて報道されてるけど、何言ってんだか。
都会は知らんけど、ここいらのオッサンオバサンの意識の低さは尋常じゃない。
オッサンオバサンだけじゃないな、爺さんもひどかった。
顎マスクを奥さんに指摘されて「ちゃんとつけてる」て言い返してたもん。そのマスクは何を護っているのか。

そうそう、オリンピックはなんとしてもやるんだって!
前回は「緊急事態宣言延長してる」って書いたけど、今回は「宣言は解除されたけど感染者は右肩上がり」とでも記しておくことにするよ。
次の定期検診時には何を書くことになるのやら・・・。
これは歯科矯正の定期検診レポだけど、せっかく「定期」だし、時事ネタも込みでいかせていただきます。

それでは、8月末に。

人気ブログランキング 歯列矯正へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ